Sponsored Contents

uqの最新記事

Image credit:
Save

速報:UQ、下り110Mbpsの「WiMAX 2+」10月末開始。WiFiルーターはWiMAX 2 / WiMAX / au 4G LTE対応、月額3880円〜

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年9月30日, 午前10:15 in Uq
5シェア
0
5
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


UQコミュニケーションズは、10月31日より、下り最大110Mbpsの高速モバイル通信サービス WiMAX 2+ を開始します。サービス開始自体はすでに発表済みですが、同社は10時半よりサービスの詳細を説明する発表会を開催。速報でお伝えします。

WiMAX 2についてはこちら。また、KDDIではWiMAX 2対応スマートフォンの提供を発表しています。





最初に登場するモバイルWiFiルーターは、ファーウェイ製のWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14 。下り110Mbpsの WiMAX 2のほか、下り40Mbpsの現行のWiMAX、そしてauの4G LTE (37.5〜75Mbps)もサポートします。

料金プランは新たに UQ Flat ツープラス を導入。利用料は月額3880円の定額。







WiMAXについてはこれまで同様、通信速度の制限はなし。WiMAX 2+ については最大25か月間は通信制限なしで、2015年4月以降は直近3日間の通信が1GBを超えると通信制限の対象になる場合があります。

4G LTEを利用する場合は3880円の月額料金に加えて1055円が毎月かかります。こちらは月間7GBの速度制限付き。 ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2 / 4G LTE) では合算して7GBに達すると、制限対象になります。最初に登場するモバイルWiFiルーターは、ファーウェイ製のWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14 。下り110Mbpsの WiMAX 2のほか、下り40Mbpsの現行のWiMAX、そしてauの4G LTE (37.5〜75Mbps)もサポートします。




料金プランは新たに UQ Flat ツープラス を導入。利用料は月額3880円の定額。

WiMAXについてはこれまで同様、通信速度の制限はなし。WiMAX 2+ については、最大25ヶ月間は通信制限なしで、2015年4月以降は直近3日間の通信が1GBを超えると、通信制限の対象になる場合があります。

4G LTEを利用する場合は3880円の月額料金に加えて1055円が毎月かかります。こちらは月間7GBの速度制限付き。 ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2 / 4G LTE) では、2年経過後、合算して7GBに達すると制限対象になります。

WiMAX 2+はTDD-LTE方式と互換。アンテナは当初サムスンが提供します。都心部の通信逼迫エリアから拡大していきます。



質疑応答。さらなる高速化について、その場合、新周波数を得られないとWiMAXの周波数を削る必要があるのではないか?

野坂社長「ご指摘の通り、どこかでWiMAX 2+の周波数を増やしていく必要がある。どんどんプロモーションをかけてWiMAX 2+を利用してもらう」。また、技術担当者は「下り220Mbpsは現在得ている周波数の中で実現可能です」とコメント。

既存のWIMAXユーザーからの機種変更は考えているか?

野坂社長「考えていない

2年間は通信制限しないという話。2年後解約してしまうのではないか?

野坂社長「7GBはベンチマーク。現時点では3年目は7GBと考えている




既存のWIMAXサービスはどうなるのか? 1機種で戦えるのか?

野坂社長「エリアがまだ東京だけということもあり、WiMAXと併売になる。未来永劫続くかは別の話

エリア展開について、

野坂社長「3カ月前に周波数をもらったばかりで苦労している部分もあるが、既存の基地局ビルのオーナーに置き換えをお願いしているところ

220Mbps化の時期について

野坂社長「2014年度3月と計画している。アンテナは4本対応、残りはデバイスの対応。2013年度末は難しい、だいたい1年後

WiMAX 2+からSIMカード対応。他社のSIMカードが利用できるのか? TDD-LTE互換ということだが、

野坂社長「いずれUQの機器の中でやるようなことは考えてみたい。他社についてはSIMロック。我々のSIMカードを海外に持って行くといった使い方もありうるのではないか。SIMカードを抜いた場合、既存のWIMAXも使えなくなる




なお、発表会の会場となったKDDIホールには、屋上にWiMAX 2+ のアンテナがある最高の通信環境。このため、通信速度のデモでは、平均で下り100Mbps近い数値となっていました。利用者が増えるにつれて、この速度は割り算で遅くなります。

説明員によると、アンテナ設備のある屋内施設より、屋外の方が現状は速度が出ないそうです。また、4G LTE対応モードにして、1パケットでも通信を行うと月額料金に1055円が加算されます。電源を切るなどでしてその月に通信しなければ、追加料金はかからず、あくまでも通信した月に加算されるとのこと。










「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: UQ
関連キーワード: uq, uq wimax, UqWimax, wimax, wimax 2+, Wimax2+
5シェア
0
5
0

Sponsored Contents