Sponsored Contents

APS-Cの最新記事

Image credit:
Save

FUJIFILM X-E2 発表、世界最速0.08秒AFなど高速化

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年10月21日, 午前09:55 in Aps-C
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
富士フイルムがレンズ交換式プレミアムカメラ X シリーズの新作 FUJIFILM X-E2 を発表しました。先代機 X-E1 のデザインを踏襲しつつ、高速化と高画質化を果たしています。

X-E2 は、APS-C サイズ以上の撮像素子を搭載するデジカメにおいて、世界最速という0.08秒の高速AFを搭載しています。高速化はAFだけではなく、新画像処理エンジン「EXR Processor II」により、起動時間やシャッターラグなども含まれます。なかでもSDカード書き込みは X-E1 に比べ1.8倍速くなっています。

センサーには新しく「X-Trans CMOS II」センサーを採用。独自の画像処理技術「点像復元処理」により高解像感を得るとともに低ノイズ化しています。富士フイルムでは、「写真フィルムの開発で培った画質設計技術により、独自の美しい色表現を実現」し、夜景や室内にように光量が不足するところでも「驚くほどノイズの少ないクリアな画像が得られ」るとしています。

背面には約236万ドットの高解像度 有機EL電子ビューファインダーを搭載。液晶モニターも3型104万ドットに大型化、高精細化しています。

上面には WiFi ボタンが配置され、押すだけで iOS / Android アプリ「FUJIFILM Camera Application」をインストールしたスマートフォンやタブレットと接続し、撮影した画像を転送可能です。

主な仕様は、FUJIFILM X マウント、APS-Cサイズ 1630万画素 X-Trance CMOS II、原色カラーフィルタ、ISO撮影感度は常用最大6400/拡張最大25600。最大7.0コマで連続28枚(JPEG)、動画撮影機能は 1920 x 1080 /60p で連続最大14分、1280 x 720 /60p で連続最大27分。連写と動画撮影にはClass 10以上のSDカード推奨。

記録メディアはSD / SDHC / SDXC カード。高速転送規格 UHS-I 対応です。

販売形態は、X-E2 ボディのみと XF18-55mm ズームレンズキットの2種類。

発売日は11月9日。価格はオープン。推定市場価格は X-E2 ボディのみが11万円前後、ズームレンズキットは15万円前後。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents