Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

iPad AirとiPad mini Retinaモデルはソフトバンクとauが販売。ドコモは「検討中」

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年10月23日, 午前04:37 in Apple
1シェア
0
1
0
0

連載

注目記事



アップルが10月22日のスペシャルイベント(速報ページ) で発表した iPad AiriPad mini Retinaディスプレイモデルについて。従来の iPad と同様、どちらも LTE対応のいわゆる「Wi-Fi + Cellular」版をラインナップします。

現時点で日本ではソフトバンクとauからの発売が決定していますが、気になるのは iPhone 5s / 5c で iOS端末取り扱いデビューした ドコモが販売するのかどうか。時刻は午前4時ですが、思い切ってドコモに直接電話取材してみました。



アップルの直販サイトでは、LTE対応のセルラーモデルについて、ソフトバンクとauのロゴを掲載して販売することを明らかにしています。いまのところドコモのロゴはなし。一方、9月のiPhone 5siPhone 5c からドコモもアップル製品を取り扱っており、iPadの販売についても期待したいところです。


発表イベント直後の午前4時、ドコモの広報部に電話すると2コールですぐさま着信応答。iPad AirとiPad mini の販売について質問すると、広報担当者からは「現時点で決まった事実はありませんが、iPadは人気が高く、魅力的なタブレットと認識しており、販売を検討しています」との回答でした。

iPhone販売までの道のりと同様、アップルとのやりとりは常に慎重に進められます。こちらが「販売が決まればあらためて発表するということか?」と聞くと、「センシティブな問題なので、「検討している」というコメント以上でも以下でもありません」とのコメント。

検討中」というあまり情緒のない回答ではありますが、午前4時に広報窓口がスタンバイして電話応対しているドコモ側の姿勢を踏まえ、期待も込みで推し量れば、同じ検討でもかなり「前向きな」検討段階にあると言えそうです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0
0

Sponsored Contents