Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ドコモ GALAXY J SC-02Fは10月31日発売、サムスンの日本独自企画モデル。総額7万7280円

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年10月28日, 午後09:01
132シェア
0
86
0
46

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


NTTドコモは、サムスン製の Android 4.3スマートフォン GALAXY J SC-02F を10月31日に発売します。サムスンはこれまでドコモ向けにハイエンドなグローバルモデルの国内版を投入してきましたが、名前に「J」を冠した GALAXY J は、サムスンの日本法人が日本のユーザー向けに企画した日本オリジナルモデルです。



主な仕様は、約5インチのフルHD有機ELディスプレイ、4コア 2.3GHz のクアルコムSnapdragon 800 MSM8974 プロセッサ、3GB RAM、32GB 内蔵ストレージ。

カメラは13.2MPの裏面照射型CMOS搭載。下り最大150MbpsのXi、Bluetooth 4.0、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信対応。バッテリー容量2600mAh。大きさは約137 x 70 x 8.6mm、重さは約146g。

日本が企画したモデルということもあり、ピンク、白、青の3種類のボディカラーは日本人の色の好みを反映したものとなっています。また、文字入力はひらがなと英語、数字をソフトウェアキーボードを切り替えずに利用できる 8フリック 入力に対応。ストラップホールもあります。防水には非対応。




災害時などに機能を制限してバッテリーの持ちを優先するモードがあるほか、サムスン製腕時計型端末 GALAXY Gear とも連携可能です。ただし、サムスン側は複数種類のカラーバリエーションを用意しているものの、ドコモが販売するのは黒1種類となります。

ドコモの直販サイトにおける支払い総額は7万7280円。割賦購入の場合に毎月通信料を毎月割り引く 月々サポート を利用した場合の「実質負担金」は2万9400円。

132シェア
0
86
0
46

Sponsored Contents