Sponsored Contents

bluetooth keyboardの最新記事

Image credit:
Save

ロジクールから iPad Air 用キーボード3機種、布素材使用モデルなど 1万800円~1万4800円

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年10月29日, 午前09:06 in Bluetooth Keyboard
241シェア
0
101
0
140

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
ロジクールが iPad Air 用の Blueototh キーボードを発表しました。iPad Air の液晶を保護するカバーにもなる「ウルトラスリム キーボード カバー(TF715)」と、フォリオタイプの「ウルトラスリム キーボード フォリオ(TF725)」、同じくフォリオタイプの「ファブリックスキン キーボード フォリオ(TF925)」の3機種です。
 

 
いずれもデザインと機能性を重視しながら、フルサイズのキーボードを搭載。スタンド、保護カバーの機能も備えます。

各製品とも、詳細仕様および発売日は後日発表の予定。従来品 の iPad用キーボードはコピー、ペースト、アンドゥなどに対応するショートカットキーを備え、1日2時間の使用で約3か月間もつ内蔵バッテリーを搭載していました。


ウルトラスリム キーボード カバーは、上面のスリットに iPad Air を立てられるスタンド付きキーボード。持ち運ぶときはマグネットで iPad Air カバーとして画面を保護する役割を果たします。色はスペースグレーとホワイトの2色が用意されます。

重量は、Logitech の海外向け製品ページによれば330g。従来品よりも微妙に軽くなっています。iPad Air は先代 iPad (2012年モデル)よりも一気に180gほど軽い 469g (WiFI) - 478g (WiFI+Cellular) になったため、両方持ち歩くときの重さもかなり減りました。
ウルトラスリム キーボード フォリオは、液晶のみならず iPad Air の背面も保護します。iPad Air を立てて使ったり、寝かせてタッチパネル用モードで使うことができます。キーボードには撥水加工が施されます。色はカーボンブラック、ミッドナイトネイビー、マーズレッドオレンジの3色。
 
 
ファブリックスキン キーボード フォリオ は、カバー部分に文字どおりファブリック素材を使用したプレミアムモデル。薄型、撥水タイプのキーボードを搭載します。その他の特徴はウルトラスリム キーボード フォリオに準じます。色はカーボンブラック、マーズレッドオレンジ、アーバングレーの3色ラインナップ。

こちらの重さは、Logitech側の製品ページによれば 425g。iPad Air が軽くなったおかげで同じ400gで並びました。

価格はオープンですが、ロジクール直販サイトでの価格はそれぞれ、ウルトラスリム キーボード カバーが1万800円、ウルトラスリム キーボード フォリオが1万1800円、ファブリックスキン キーボード フォリオ は1万4800円。



なお、キーボードなしモデルのロジクール フォリオ(TF525)も同時に発表されました。こちらは カーボンブラック、ベイパーグレー、サンフラワーイエローの3色を揃えています。直販価格は4800円。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

241シェア
0
101
0
140

Sponsored Contents