Sponsored Contents

asusの最新記事

Image credit:
Save

ASUS TransBook T100TA は11月2日発売、"Bay Trail-T" Atom 搭載のタブレット/ノート変形PC

Takuro Matsukawa
2013年10月29日, 午後05:02 in Asus
154シェア
0
100
0
54

連載

注目記事


ASUS が、キーボード着脱式のノート/タブレットPC 『TransBook T100TA』シリーズを国内発表しました。最新の"Bay Trail-T" Atom プロセッサを搭載し、キーボードを外すことでタブレットとしても使用できる点が特徴のモデルです。また同社のJohnny Shih CEO は、本日の国内発表会でT100TA を『Eee PC の生まれ変わり』と説明しています。



ラインナップはストレージ容量やOffice の有無で全3モデル。共通する主な仕様は、Windows 8.1 (32bit)、10.1インチ 1366 x 768 IPS ディスプレイ(グレア、5点マルチタッチ対応)、Atom Z3740 (4コア4スレ、1.33-1.86GHz)、2GB RAM。

ほか126万画素カメラ、802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0、電子コンパス、加速度センサ、ジャイロスコープ、microSD スロット(microSDXC 対応)、microUSB、microHDMI、キーボードドック側に USB 3.0など。


モデルごとの違いは、最上位モデルのT100TA-DK532GS はタブレット側に32GB eMMC とキーボードドック側に500GB HDD ストレージを搭載し、MS Office Home and Business 2013 をプリインストール。

中位モデルのT100TA-DK564G は64GB eMMC と500GB HDD を搭載し、Office は無し。最も安価なT100TA-DK32G のストレージは32GB eMMC のみ、Office も無し。


タブレット単体のバッテリー駆動時間は全モデルともに15.8時間。なおドック側はバッテリーを内蔵せず、HDD 搭載モデルはその消費電力も加わるため、ドックをつけるとDK532GS で7.6時間、DK564G で7.5時間、DK32G で14.9時間と、タブレット単体より駆動時間が短くなります。

タブレット部のサイズと重さは全モデル共通で263 x 171 x 10.5mm、約550g。キーボードドックを付けた状態の厚みと重さは、DK32G が23.6mm / 約1.07kg。ほか2モデルは24.45mm / 約1.13kg。

本体カラーはグレーのみ。価格はすべてオープン。予想実売価格はDK532GS が5万9800円、DK564G が5万4800円、DK32G が4万4800円。発売日は11月2日(土)。


またASUS はT100TA の発売を記念し、T100TA-DK32G の購入者に32GB のmicroSDHC カードをプレゼントする『32GB 倍返しキャンペーン』を実施します。実施店舗は全国のASUS フラッグシップ・コーナーとオンラインのASUS Shop。台数は限定1万台です。


154シェア
0
100
0
54

Sponsored Contents