Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

WiMAX 2+は10月31日開始。MVNOでもスマホセット割引が使えます

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年10月30日, 午後07:32 in Au
269シェア
0
111
0
158

連載

注目記事



UQコミュニケーションズは、下り最大110Mbpsのモバイル通信サービス WiMAX 2+ を10月31日より開始します。サービス開始当初のエリアは環状7号線(東京都道318号線)内の一部からスタートと非常に限定的ですが、対応端末はWiMAX2+に加えて既存WiMAX網さらにauの4G LTE にも対応しており、UQ では「最強のルーター」としています。

また今回、WiMAX 2+ を提供するMVNO各社も発表。MVNO先と契約しても、長期契約を前提にauスマートフォンとセット利用すると毎月780〜980円の割引が受けられる auスマートバリュー mine が利用可能です。




UQは今年7月、総務省から新たに2.5GHz帯の20MHz幅の周波数を獲得。現在のWiMAXで利用する30MHz幅と合わせ、連続した50MHz幅がUQのものとなりました。2012年、世界のWiMAX事業者が通信方式の変更など相次いで事業転換し、先が見えない状況にまで追い込まれていたUQ。同社は、これまで次世代通信として技術開発を進めていたWiMAX 2 をあきらめ、WiMAX 2+ を提供することを決定しました。

WiMAX 2+は、国内ではAXGP方式で提供中の SoftBank 4G と同様、TD-LTE方式と互換する技術。TD-LTEは中国やインドなど人口の多い国の事業者が採用を決めており、コストダウンや端末調達の面で規模のメリットに期待が持てます。



WiMAX 2+は、環状7号線(東京都道318号線)内からスタートし、その後都市部へと広げていく計画。現在、対応するWiFiルーターはファーウェイ製の Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14 の1モデルのみですが、既存のWiMAXルーターとしても、auの4G LTE対応ルーターとしても利用できるものです。このため、シンプルが1つの売りだった料金プランも、通信の仕方によって異なります。



10月30日時点として発表された WiMAX 2+ の提供事業者は、9事業者。

YAMADA Air Mobile WiMAX / ヤマダ電機
BIC WiMAX / ビックカメラ、ソフマップ、コジマ
ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX / ヨドバシカメラ)
エディオンネット / エディオン
nojima WiMAX / ノジマ


といった、家電量販店のMVNOが顔をそろえています。

また、11月12日以降順次、auスマートバリュー mine がMVNO事業者にも対応します。

auスマートバリュー mine では、auスマートフォンと、Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14 を同一名義で利用すると、4年の長期契約ならスマートフォンの利用料が毎月980円引き、2年契約なら毎月780円引き。さらに、2013年11月12日〜2014年8月31日までに契約すると、2年契約の場合も毎月980円引きとなります。


269シェア
0
111
0
158

Sponsored Contents