Sponsored Contents

adidasの最新記事

Image credit:
Save

アディダス miCoach SMART RUN 国内発表、GPSや光学心拍センサ内蔵のスポーツウォッチ

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年11月5日, 午後12:13 in Adidas
130シェア
0
130
0
0

連載

注目記事



アディダスが次世代スポーツウォッチこと miCoach SMART RUN を国内向けに発表しました。miCoach SMART RUN は GPS や加速度センサ、光学式の心拍センサなどを内蔵したスポーツウォッチ。無線LAN と Bluetooth 4.0にも対応し、オンラインの micoach.com と連動してトレーニングプランや結果の管理ができます。



内蔵するセンサは Mio LED光学式心拍計、加速度計、GPS。計測可能なデータは心拍数 、消費カロリー、 距離、 ペース、 スピード、 ルート、ストライド、 時間、トレーニング時間、 手動/自動ラップタイム、ラップ距離。



スポーツ用の心拍計は外付けのバンド状センサを胸に着用する形式が一般的ですが、miCoach SMART RUN では Mio GLOBAL とロイヤル・フィリップスの開発したLED光学式心拍計により、裏ぶた部分のカメラで皮下の血流を認識して、スポーツウォッチ単体での心拍測定を可能にしています。

主な機能・仕様は:

リアルタイム音声コーチング 、オプティカル心拍センサー、フルカラーディスプレイ、タッチスクリーン、 GPS、Buetooth® スマート、音楽プレーヤー、時計、GPSによる運動データの記録、心拍データの記録、 ストライドの記録、ストップウォッチ(1/100)、タイマー、オートスタート/ストップ機能、 バイブレーションアラート機能、IPX7防水、画面フルカスタマイズ可能、カーディオ(有酸素)トレーニング機能、動画によるストレッチトレーニング機能、トレーニングスケジュール管理、トレーニング履歴管理

本体にはフルカラーの1.45インチ184x184液晶タッチ画面と1ボタンのみを備え、トレーニング中に指示があるときは振動して知らせます。またBluetoothヘッドホンを接続すれば音楽プレーヤとして使えるほか、音声ガイドを聞くこともできます。

音楽プレーヤとしての機能は Bluetooth A2DP / AVRCP対応、ストレージ容量 約3GBのみ、ファイル形式ははMP3、AACに加えてめずらしい Ogg Vorbis にも対応。

OSとしてはAndroid Jelly Bean 4.1.1を搭載しますが、単体で Google Play などから汎用アプリを導入したり動かす機能や、スマートフォン / タブレットからの通知を表示するといった一般的な「スマートウォッチ」的機能は備えず、あくまで進化したスポーツウォッチの位置づけです。そのほか詳しい仕様や機能については miCoach SMART RUN 発表記事へ。



充電は付属のクリップを使う形式。バッテリー駆動時間は、5秒に1度更新するマラソンモード(+音楽再生)で約8.5時間、毎秒データ更新するワークアウトモードで約4時間、時計として使うカジュアルモードなら約14日間。

国内では11月15日からアディダス直営店および adidas ONLINE shop で先行販売し、12月1日から全国のadidas製品取扱店舗で販売予定です。価格は4万7250円。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

130シェア
0
130
0
0

Sponsored Contents