Sponsored Contents

Cerevoの最新記事

Image credit:
Save

Cerevoが「見せる」電源タップ OTTO 今冬発売。スマホから遠隔で電源ON/OFF対応8ポート、2万3800円(更新)

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年11月27日, 午後01:46 in Cerevo
314シェア
0
137
0
177

連載

注目記事




Cerevo は、スマートフォンから電源入切できる電源タップ 「OTTO」を2014年1月から2月に発売します。11月27日より事前予約を開始、直販価格は2万3800円。CES 2013 で展示した試作機が、量産モデルとして登場です。速報でお伝えします。





OTTOは、8個の電源ポートを内蔵し、ACアダプタを収容できる電源タップ。「見せる」電源タップとしており、「いいでしょ、この電源タップ」と言われるようなものとしています。外観は、リビングにあるサブウーファーのようなイメージ。

8つの電源ポートはいずれもネット経由で通電オンオフ操作が可能で、スマートフォンやタブレットから電源が管理できます。このうち2個の電源ポートは調光対応しており、調光機能付きの照明器具がアプリ側から操作可能。8ポートタップですが、大きなMac BookのACアダプタも接続できます。ただし、ACアダプタの大きさによっては直接続は難しいかもしれません。タップはヒューズ交換にも対応します。




操作はスマートフォン向けアプリで行い、ネット経由で遠隔操作が可能。iOS 7.0および、Android 4.3 に対応します。複数のアプリでOTTOが利用可能で、家族など複数人でも電源管理が可能。また、1つのアプリで複数のOTTOを切り替える形でも利用できます。各電源ポートにはタイマー機能があり、時間や曜日を指定して電源管理ができます。PSEマーク取得、TELEC認証済み。

デザイナーは、柳澤郷司氏が担当。リビングの美観を損なわずに賢く電源管理できるとアピール。OTTOは底に近づくにしたがって膨らみがすぼまった形状をしています。金型を合わせて樹脂を成形する仕組み上、一般にラウンドフォルムで膨らみがすぼまっているものは成形が難しくコストがかかります。OTTOは、デザイナーの本来の意図通りに成形することを決断し、つなぎ目も隠れるように成形後に研磨加工の工程を入れています。

定格容量は10A/100V。有線LANおよびWiFi接続に対応大きさは420 x 253 x 130 mmで、重さは1.5kg。販売目標はグローバルで1万台で、CES 2014で披露する予定。






情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: OTTO
関連キーワード: Cerevo, OTTO
314シェア
0
137
0
177

Sponsored Contents