Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

ナショナルジオグラフィックがGoogleマップに地図データを提供、歴史的地図を一般公開

Takuro Matsukawa
2013年12月9日, 午後04:12 in Google
475シェア
0
264
0
211

連載

注目記事



ナショナルジオグラフィック協会(NGS)が、所有する歴史的な地図データをGoogle に提供し、Google Maps 上で閲覧できるようにすると発表しました。

これは1888年の創刊以来、ナショナルジオグラフィックマガジン付録の地図が経年劣化などで失われつつあるため、それらをデータとして保存することが目的です。



またGoogle Maps 上で現在と過去の地図を比較できることに加え、その場所で起こった歴史的なできごとを説明する機能も追加予定のため、地形や国境線の変化とともに歴史を学ぶのにも役立ててほしいとしています。

NGS 提供の地図データは一般公開され無料で閲覧できますが、NGS の非営利目的の活動資金に当てるため、高解像度データと印刷用データを有料販売します。


今回の協力関係は、Google が募集中のGoogle Maps Engine public data program にNGS が賛同して実現しました。

プログラムの目的は、歴史的な地図のほか地域の施設、災害時の避難経路・避難場所、観光のおすすめスポットなど幅広い地図情報をGoogle Maps に集め、より便利で使いやすい地図として提供すること。応募は個人・団体どちらでも可能です。詳細はリンク先パブリックデータプログラムのブログへどうぞ。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

475シェア
0
264
0
211

Sponsored Contents