Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ、腕輪型の活動量計ムーブバンドを発表〜急遽延期。WM (わたしムーブ)サービス対応

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年12月17日, 午後09:21 in Docomo
90シェア
0
90
0
0

連載

注目記事


NTTドコモは、ドコモ・ヘルスケア製のリストバンド型活動量計 ムーヴバンドを 12月18日に発売します 発表しました。価格は1万円前後になる見込み。「WM(わたしムーブ)」の名称でサービス展開するヘルスケアサービス専用のライフログツールです。

ドコモは当初、12月18日発売と案内していましたが、「商品に確認が必要な点が発生した」として、発表当日の17日21時過ぎに急遽発売延期を発表しています。





ドコモ・ヘルスケアは、ドコモと、オムロン ヘルスケアが2012年に設立した健康支援サービスを手がける合弁会社です。サービスプラットフォーム「WM(わたしムーブ)」は、ドコモの「docomo Healthcare」と、オムロンの「ウェルネスリンク」といった健康支援サービスを統合したもので、両サービスで計測していたデータは「WM(わたしムーブ)」に引き継がれています。クラウドサービスとなるため、このデータはドコモ以外のユーザーも閲覧可能。

なお、「WM(わたしムーブ)」アプリは現在のところ、Androidのみ対応となっています。2014年3月末までにはiPhoneでも利用できるようになる予定。いずれも無料アプリ。また、有料の「からだの時計 WM」アプリとも連携します。「からだの時計 WM」は通常月額315円ですが、ムーヴバンドを購入すると月額126円になります。



ドコモの冬モデル発表会で明らかになった ムーヴバンド は、Bluetooth対応の防水活動量計。歩数や移動距離、消費カロリーのほか、簡易睡眠計測機能を搭載しています。Bluetooth 3.0/4.0対応ですが、低消費電力なBluetooth Low Energyについては2014年3月末までに対応予定。

計測したデータは、Bluetooth経由でアプリ搭載のAndroid端末に転送し、「WM(わたしムーブ)」のクラウド上で健康管理ができます。バッテリーは充電式で4〜5日動作。重さは約22g。ムーヴバンドの販売チャネルは、ドコモショップと、ドコモの直販サイトとなっています。

リストバンド型の活動量計は、FuelBandmiCoachFitbitJawbone などがありますが、ドコモ・ヘルスケアのムーヴバンドは、これらの製品と比較しても機能的に特筆すべきことがありません。実は、ドコモでもそれを認めているところで、サービス面での違いが優位性になるとしています。



たとえば、健康アドバイスが受けられる「からだの時計 WM」アプリと連携すれば、時間医学の専門家のアドバイスが受けられます。時間医学というと聞き慣れませんが、生活のリズムに合わせて食事をしたり、睡眠をとったりすることで病気になりにくくしようという予防医学の分野です。

また、ムーヴバンド以外の活動量計は、どちらからと言えばファッション性を強く意識した、つまるところ、スポーティで本格的なエクササイズを目的とした打ち出し方となっています。ムーヴバンドは、全面に「健康」を打ち出したイメージ作りをしています。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

90シェア
0
90
0
0

Sponsored Contents