Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Google、写真を雪やキラキラつきGIFアニメにする「おまかせビジュアル」追加

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年12月25日, 午前10:33 in Auto Awesome
251シェア
0
109
0
142

連載

注目記事



Google+ にアップロードした写真から自動的に通行人を消したりパタパタアニメを生成する Auto Awesome (おまかせビジュアル) 機能に、今月から季節モノの「雪」と「きらめき」(Twinkle) 効果が加わっています。

雪は名前そのまま、写真にフワフワと降る雪を加える効果。きらめきのほうは、イルミネーションなどがキラキラと明滅する効果。いずれも新規のアニメーションGIFファイルが生成されるため、Google+ でもそれ以外のツールや環境でもアップロードしたり共有して楽しめます。



どちらの効果も12月上旬から段階的に導入されており、ウェブやアプリから Google+ (Picasa) に写真を保存するだけで勝手に生成します (Google+ アプリの自動バックアップや、写真ツールからの Picasa保存でも有効)。



追加の基準は「雪が写っている写真には雪を降らせる」「イルミネーションやキラキラしたものが写っていたらキラキラさせる」はずですが、判定は機械視覚でいくつかの条件を組み合わせているらしく正確には不明。

特に雪の方は、雪のように見える白いものに反応したかと思えば、どうやらサンタなどにも反応しているようです。 (Google+ には機械学習を応用して、誰もタグを打ったりメタデータを与えていないユーザー写真についても、何が写っているかをある程度まで認識する機能があります。ウェブに掲載されていない、つまりキャプションやリンクなど手がかりがない写真についても、「ケーキ」や「キス」といった言葉から写真を検索できるのはこのため)。


一方きらめきのほうは、イルミネーションなどはほぼもれなくキラキラさせてくれますが、実際には点滅していないもの、あるいはイルミネーションでもライトでもなく単に強いハイライトがあるだけの写真でも、かなり擬陽性側に倒して気前よくキラキラさせてくれます。たとえば料理写真が電飾つきのように光ったり、単なる照明が強制的に浮かれたイルミネーションになったり、意外なものに意外な効果が勝手に付与されるのは「おまかせビジュアル」の楽しみのひとつです。



また先日アップデートした Android版 Google+ アプリの最新版では、写真を表示中に端末を手で振ることで、スノーグローブのように雪の効果を加える小ネタもあります。雪が降ったところでもう一度端末を振ると、雪の効果付きアニメーションGIFとして新規保存される仕組み。

どちらの効果も今月上旬あたりから新規に保存された写真に対して有効ですが、過去の写真を再アップロードしても判定されます。今月撮りためたイルミネーションはもちろん、真夏の写真を振って雪を降らせたり、水槽にマリンスノー、廃墟に放射性降下物のつもりで楽しむのもまた一興です。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

関連キーワード: Auto Awesome, google
251シェア
0
109
0
142

Sponsored Contents