Sponsored Contents

commercialの最新記事

Image credit:
Save

動画:ノキアのWindowsタブレット Lumia 2520 海外コマーシャル (不気味系床屋編)

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年12月25日, 午後01:04 in Commercial
52シェア
0
52
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


「文化の違い」だけで済ませて良いものか困惑する海外CMねた。年末商戦にあわせて各社がそれぞれに力作大作怪作コマーシャルを投入するなか、来年からは正式にマイクロソフトの一部門となるノキアは、同社初の Windows タブレット Lumia 2520 を積極的に売り込んでいます。

続きに掲載したのは、英国ノキアによる Lumia 2520 コマーシャル。とりあえずは何も言わず動画をごらんください。




「イギリス人やヨーロッパの人はこういう不気味系が好きだよね〜」で済ませてしまいたい気もしますが、文化的な予備知識的なものを挙げるなら、マレット (Wikipedia) は80年代に大流行した反動で、現在では滑稽で時代遅れなスタイルの代表のように扱われる髪型。

前髪や左右は刈って整えつつ、後ろ髪を伸ばしたマレットを形容する当時の言い回しのひとつが、「前はビジネス、後ろはパーティー」でした(らしいです)。「ビジネスにもエンターテイメントにも!」というWindows (RT) タブレットの売り文句からマレットはストレートといえばストレートな発想?です。とはいえCMとして好評だったかどうか、話題にはなってもノキアやLumiaのブランドイメージに貢献したかどうかは、動画のコメント欄やタイトル検索結果を眺めればまあ概ね想像どおり。





とはいえ Lumia 2520 はどこでもこんな不気味系コマーシャルばかり流しているわけではなく、グローバルのNOKIAが公開したこちらのプロモは親しみやすいクレイアニメを使った機能説明系です。訴求点は 665 cd/m2 の高輝度で、「日光の下で一番見やすいタブレット」。




こちらは発表当初の穏当なプロモ動画。

Lumia 2520 は、10.1インチ 1920 x 1080 フルHD 高輝度 IPS液晶 に Qualcomm Snapdragon 800 プロセッサ、2GB RAM、32GB内蔵ストレージ といった構成の Windows RT タブレット。背面にF1.9 ツァイス レンズの1/3.4インチ 6.7MPセンサカメラ、前面にビデオ通話用の広角 2MPカメラ F2.4レンズ などカメラがそこそこ良いことや、マイクロソフト本体の Surface のようにキーボード付きカバーが用意されることが特徴です。

Surface と被っているといえば被っているものの、ノキアの端末部門を吸収したマイクロソフトが今後 Lumia タブレットと Surface タブレットをどう共存させるのかさせないのかについてはまだ不明。Windows Phone / Windows RT / Windows 8 の関係がどう変化してゆくかも含め、CEO交代を控えたマイクロソフトの中の人にとってもあまり分かっていないかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

52シェア
0
52
0
0

Sponsored Contents