Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

レノボ Thinkpad X1 Carbon 新モデル発表、ファンクションキーをタッチ液晶化

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年1月6日, 午後04:49 in Adaptive Keyboard
271シェア
0
157
0
114

連載

注目記事

ラスベガスで1月7日より開催の CES 2014 を前に、レノボが Thinkpad X1 Carbon の新モデルを発表しました。最も大きな変化は、ファンクションキーをタッチパネル化した Adaptive Keyboard。左端の切り替え用アイコンをタップすると従来のファンクションキーから他の機能へ変更できるほか、ディスプレイを180度まで開いたときやウェブブラウザ使用時なども自動的にキーの機能が切り替わります。

ファンクションキーのほかにも、指紋認証センサーがカーソルキーの右に移動したり、タッチパッドまわりがフラットになるなど、従来モデルに比べて全体にスッキリした印象のキーボードになりました。Thinkpad のアイデンティティである"赤ポッチ"こと、トラックポイントもしっかり搭載しています。

ディスプレイは14型 1600 x 900px の TN 液晶または2560 x 1440px IPS 液晶から選択可能で、IPS 液晶には10点マルチタッチオプションもあります。CPU は Haswell こと第4世代 Core i7 となり、内蔵グラフィックは Intel HD Graphics 4400(GT2)、または5000(GT3)。メモリーは最大8GB、ストレージは最大512GB SSDが選択できます。

通信機能は IEEE802.11ac WiFi、Bluetooth 4.0。NFCも搭載。構成により4G WWAN通信機能も搭載可能。

インターフェースは、専用の外部I/Fボックス「OneLink Dock Pro」と接続するための「OneLink Dock コネクター」をはじめ、USB3.0 x2、マイク/ヘッドホン端子、Mini DisplayPort、HDMI、オプションの有線LANアダプター用ポートなど。バッテリーは最大9時間。独自の急速充電機能により、残量ゼロの状態から1時間で80%まで充電します。

大きさは標準で幅331 x 奥行き226.5 x 厚さ17.7mm、タッチパネル搭載モデルが幅331 x 奥行き226 x 厚さ18.46 mm。重さは1.31kgから。

米国での出荷予定は1月末より。価格は、最小構成で1299ドルから。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

271シェア
0
157
0
114

Sponsored Contents