Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ソニー、リストバンド型NFC対応活動量計 SmartBand 発表。パートナーからアプリ、アクセ登場

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年1月7日, 午後08:30 in Bodycomposition
432シェア
0
200
0
232

連載

注目記事



CES 2014のプレスイベントにおいて、ソニーモバイルの鈴木 国正社長は、リストバンド型の活動量計 SmartBandを発表しました。ソニーは、ウォークマンやCyber-shot、ハンディカム、プレイステーション、VAIOといったコンシューマー向け製品の分野に、今年、ウェアラブルエンターテイメントを加えます。


Gallery: SONY SmartBand | 26 Photos

26


SmartBandは、内部にNFC対応の小さなCore(本体)を搭載するリストバンド型の活動量計。すでにさまざまな活動量計が登場していますが、Fitbit Flexも同じように小さな本体を収納するタイプの活動量計です。

鈴木社長は、ほかの活動量計と少し違う点として、コミュニケーション・エンターテイメント・デバイスになるとしています。エクササイズなどが主目的となる活動量計は、とかくストイックになりがちですが、要するに、使う楽しさを提供するということのようです。

オープンパートナーシップを結び、さまざまなアプリを募るほか、ハードウェア側のパートナーからは小さなCoreをいかして、ペンダント型やクリップ型などがアクセサリーが登場するとしています。

なお、今回のプレスイベントでは、アウトラインの説明に留まりました。詳細については、2月後半にスペインで開催するMobile World Congress(MWC)に持ち越しとなります。





関連キーワード: bodycomposition, CES 2014, NFC, sony, wearable
432シェア
0
200
0
232

Sponsored Contents