Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

12月、ドコモがPS Vitaバブル以来2年ぶり首位も好調は「まだ」。ソフトバンク首位陥落、au MNP堅調

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年1月10日, 午後08:45 in Au
206シェア
0
131
0
75

連載

注目記事



電気通信事業者協会(TCA)2013年12月の携帯電話契約数を発表しました。NTTドコモは、2011年12月以来、実に2年ぶりに純増契約数で単月首位となり、反対に、ソフトバンクは2年ぶりに純増契約数で首位の座を明け渡しました。

通信事業者は毎月、スマートフォンや携帯電話、データ通信用端末で獲得した契約数を公表しています。2014年1月10日、2013年12月の契約状況を公開。ドコモが約27.9万契約で首位、2位のソフトバンクが約22.4万契約、3位のauが約22.2万契約を獲得しました。

携帯会社12月純増数12月MNP総契約数
NTTドコモ279,100- 51,00062,181,600
au222,600+ 43,30039,616,900
ソフトバンク224,300+ 9,40034,759,500

ちなみに、純増・純減は、新規契約数の増加分から、単純に解約数を差し引きした数です。通信事業者は、電話番号を変更することなく携帯電話会社を移る、MNP制度(番号ポータビリティ制度)も導入しています。

2013年12月、MNPについてはauが約4.3万件を獲得して首位、これにソフトバンクが9400件で続いています。この2社は転入が上回りますが、反対にドコモは5.1万の契約者が他社に流れた形になります。

ドコモの純増首位はiPhoneの在庫不足解消

ドコモが純増契約数で首位に立ったのは、実に2年ぶり。その要因についてドコモは、「長くiPhoneの在庫不足が続いていましたが、11月頃から改善が見え始め、12月に在庫不足が解消したためです」と話しています。

ちなみに、契約総数はドコモが6200万超、auが3900万超、ソフトバンクが3400万超となっています。各社好不調の波があるにせよ、依然としてドコモが圧倒的な契約数を誇る国内の状況に変化はありません。

ソフトバンクは悪くない、auはMNP首位堅調

さらに言うと、ソフトバンクは2年ぶりに純増契約首位の座を明け渡しましたが、20万件以上の純増契約を30カ月連続で続けています。12月の数字も悪かったわけではなく、年間純増数では6年連続で首位を維持しています。

この話をそのままソフトバンク側に問うと「その通りです。12月はソフトバンクが悪かったわけではありません。2年前に2位になった時も、ドコモさんにPS Vita契約が舞い込んできたからで......」と話しています。

なお、ドコモでは契約内容についてコメントしない方針で、PS Vita向けプリペイド料金プランの影響について公式に明言はしていません。ただし、事実を照らし合わせれば、PS Vitaによる契約増が少なからずあったのは想像に難くない状況と言えます。

このほか、auは27カ月連続でMNPの首位をキープしています。年間のMNPも2年連続で首位と堅調といった結果です。

iPhoneはドコモの救世主になったか

ドコモは2013年9月、iPhone の発売を決めました。iPhoneはドコモユーザー待望の端末だったとも言えますし、長く続くドコモの契約者流出を止める救世主とみるメディアもありました。しかし、2013年12月時点とはなりますが、在庫不足を解消し契約者を獲得した一方で、MNPの流出は止まっていません。

ドコモに「今回の純増首位を好調と捉えているのか?」と問うと、「まだまだ挽回と言えず、改善の兆しが少し見えたといったところです。12月に限ってみれば、iPhoneの在庫不足解消が大きいものの、MNPの結果の通り、一喜一憂はできません」とコメントしています。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: TCA
関連キーワード: au, docomo, softbank, tca
206シェア
0
131
0
75

Sponsored Contents