Sponsored Contents

SONYの最新記事

Image credit:
Save

ソニー、Xperia T2 Ultra と Xperia E1発表。6インチと4インチ、デュアルSIMスロット、ウォークマンボタンなど

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年1月14日, 午後08:55 in Sony
434シェア
0
272
0
162

連載

注目記事

人気記事

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View


CES 2014において Xperia Z1 Compact を発表したソニーですが、1月14日にはさらに2モデルを発表しました。

発表モデルは、6インチHDディスプレイ搭載の Xperia T2 Ultra と、4インチディスプレイに、ウォークマンボタンなどを配した Xperia E1。両モデルともに、2枚のSIMカードが挿せるデュアルSIMカードスロット搭載モデルをラインナップしています。

Gallery: Sony Xperia T2 Ultra | 5 Photos

5


Xperia T2 Ultra は、6インチ 1280 x 720 ドットのトリルミナスディスプレイを搭載したAndroid 4.3 スマートフォン。大型ディスプレイを搭載した中級機といった位置づけで、販売地域は中国や中東、アジア太平洋エリアなど。LTEをサポートした普及価格帯のモデルとなります。

主な仕様は、13MP裏面照射型カメラ、4コア 1.4GHz Snapdragonプロセッサ、1GBメモリ、8GB内蔵ストレージを搭載。3000mAhバッテリー、NFCなど。大きさは165 x 83.8 x 7.68mmで、重さは172g

LTEは下り100Mpbsに対応。仕様上、NTTドコモの1.7/2GHz帯、auの2GHz帯、ソフトバンクグループ(ソフトバンクモバイル、イー・モバイル)の1.7/2GHz帯のほか、TD-LTE方式のSoftBank 4GやUQコミュニケーションズのWiMAX2+もサポートしています。




Xperia E1は、端末上部にウォークマンキーを搭載したAndroid 4.3モデル。4インチ、 800 x 480液晶ディスプレイを備え、背面に110dBのスピーカーを搭載。端末を振って曲送りできる機能があります。

エントリー向けモデルでは、ウォークマンブランドを打ち出し音楽機能推す傾向にあるソニー。仕様とアピールしているポイントを見る限り、Xperia E1もエントリー層を対象とした値頃感のあるモデルと言えそうです。2014年第1四半期に発売予定。



デザインはXperia Zシリーズを踏襲し、スクウェアながら角を面取りしたように加工してあります。厚みは12mmですが、面取りによって側面部に1筋のラインが生まれるため、実際よりも薄く見える工夫がなされています。

主な仕様は、2コア 1.2GHz MSMS8210 プロセッサ、512MBメモリ、4GB内蔵ストレージ。3MPカメラ、1700mAhバッテリー。大きさは118 x 62.4 x 12mmで、重さは約121g。通信方式はHSPA+をサポートし、LTEには非対応となっています。

Xperia Eは3.5インチディスプレイを搭載し、2万円程度でした。画面が大きくなったほか、CPUもシングルコアからデュアルコアとなっています。いずれのモデルにも、SIMカードが2枚挿せるデュアルSIMスロットモデルがラインナップにあります。

Gallery: Sony Xperia E1 | 8 Photos

8

Source: SONY
434シェア
0
272
0
162

Sponsored Contents