Sponsored Contents

educationの最新記事

Image credit:
Save

国語や英語の授業にレゴ導入、 StoryStarter を小中学校や高校に販売。PCやタブレットとも連携

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年1月16日, 午前10:11 in Education
244シェア
0
109
0
135

連載

注目記事



レゴ エデュケーションは、レゴ ブロックとタブレット端末やPCを利用した学校教材 StoryStarter を4月発売します。中の人いわく、かのGoogle創業者も検索エンジンのアイデアをレゴで練ったそうで、今回のStoryStarterも次代を担うグローバルな人材の育成が狙いです。

Gallery: LEGO StoryStarter | 58 Photos

58


30年の歴史があるレゴの教育事業。ギーク養成ツールとも言える LEGO Mindstorms があまりにも有名ですが、レゴ エデュケーションのヤコブ・クラウ最高責任者いわく、レゴのコンテストに参加するようなタイプがエンジニアを目指し、Googleの創業者らも検索エンジンのアイデアをひねるのにレゴを使ったそうです。

テクノロジー関連の教育にレゴを採用するケースは多く、とくに高専では「教育版レゴマインドストーム」は高い導入率を誇ります。今回のStoryStarterは、こうした科学技術教育への応用ではなく、国語や英語など、言語教育に活用しようというもの。

ざっくりと説明すると、特定のテーマについて、グループディスカッションしながら物語を作り、レゴ ブロックで主要なシーンを組み立て撮影、画像をタブレット端末やパソコンに取り込んでプレゼンテーションを行う、というものです。

2014年1月にiPad向けアプリが完成。3カ月内にAndroid向けアプリも登場予定です。StoryStarterの対象年齢は小学生から高校生まで。




StoryStarterでは、コミュニケーションをとりながら実際に手を動かし、さらにそれをデジタルに取り込めます。プレゼンテーションまで行えるため、表現と共に意見の調整や判断力を養え、問題解決能力の高いグローバルな人材教育ができるとしています。手を動かした学習は、脳に記憶されやすいとのこと。

なお、StoryStarter は昨年より米国やロシアで販売開始。今年4月から日本のほか各国で世界展開します。クラウ氏によると、生徒の学習意欲の維持は世界共通の悩みで、レゴによって、楽しみながら学習できるとしています。

現在、日本では試験導入した2校で採用しており、今後、2017年までに2500校での採用を目指します。世界全体では、2018年までに10万クラス導入が目標。

ちなみに、レゴ ブロックの凸部は正式に「ポッチ」と言います。2 x 4 のポッチがある長方形のブロックが6つあると、9億通り以上の組み合わせになります。日本代表の須藤みゆき氏は、レゴの教育利用で可能性は無限大に広がると話していました。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: education, EGO Mindstorms, LEGO, StoryStarter
244シェア
0
109
0
135

Sponsored Contents