Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ソニー、テニスラケット用BluetoothセンサSmart Tennis Sensor SSE-TN1発売。音響技術で振動解析、1万8000円(更新)

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年1月20日, 午後03:00 in Smart Tennis Sensor Sse-Tn1
323シェア
0
323
0
0

連載

注目記事



ソニーは、テニスのショットを分析してスマートフォンなどに表示できるテニスラケット用センサー Smart Tennis Sensor SSE-TN1を5月下旬に発売します。価格は1万8000円。

Gallery: SONY Smart Tennis Sensor SSE-TN1 | 41 Photos

41


SSE-TN1は、テニスラケットのグリップエンドに装着すると、ラケットがボールを捉えた位置やボールの回転、速度などが分析できるBluetooth センサー。センサーでは動きと振動を解析、音響解析技術などを応用したもの。重さは8g、大きさは31.3mm。CES 2014で発表していましたが、発売時期などは未発表でした。

ソニー担当者は「テニスは客観的なデータを取得しにくく、可視化したデータをコーチや友人と共有して、新しいテニスの楽しみを提供できます」と話しています。




対応するラケットは、現時点でヨネックス製のもの。

センサーには振動センサーやモーションセンサーを搭載。振動センサーは、ソニーのAV機器関連の音響解析技術を応用しています。

なお、この製品はあくまでも1人用。みんなで使い回すといった利用は想定していません。専用アプリはAndroidおよびiOS用があります。アプリ側で使うラケットを選択してから解析を開始。ショットデータを取得するだけでなく、アプリで動画を撮影しつつ、分析データを記録するといった利用も可能。

取得したデータはスマートフォンやセンサー本体に蓄積され、フォアハンドやバックハンド、スイングの種別ごとにデータが分かります。データはFacebookなどのソーシャルサービスに投稿可能。





充電時間は90分で、動作時間は取得するデータによって異なりますが、おおむね2時間程度。現在のものでは、ボールがどこに飛んだか、また、相手がどこにいるときにどういったショットを放ったか、といった対戦相手と関連するデータは取得できません。将来的にはこうしたデータも取得したいと話していました。

モーションセンサーを使ったスポーツツールとしては、Zeppがテニスのラケットだけでなく、ゴルフのクラブや野球のバットに取り付けるセンサーを発表しています。Zeppのセンサーは150ドルで、少し安いですが、ソニーのテニス専用モデルの方がより詳細なデータが取得可能。また、ソニーでは今後について明言していないものの、ほかのスポーツについても視野に入れて企画開発しているそうです。







広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Smart Tennis Sensor SSE-TN1, sony, SSE-TN1
323シェア
0
323
0
0

Sponsored Contents