Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

au 2014年 春モデル「繫がるなんて当たり前、速いが広い」強調。大人の事情、モリ娘。登場(更新)

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年1月22日, 午前10:00 in Au
130シェア
0
130
0
0



KDDIは、au発表会 2014 SPRING を現在開催中。会見の模様を順次お伝えします。発表モデルについては以下の通り。

Gallery: au 2014 SPRING | 26 Photos

26






田中社長登場。「2013年は転換期。iPhoneをドコモが販売し、「三社横並びではないか?」といった疑問。顧客はいいものを選びたい。auから新しい提案をしたい」


800MHz帯、3月末が99%のエリアカバー。12月末で98.7%。田中社長「99%を超えると、3Gの表示を見なくなる。たった0.1%が上げるのが大変」

田中社長、ユーザーの顧客満足度調査を示し、「他社と比較して満足度NO.1 」とアピール。

春モデルについて、「どうもお客さんは大画面の方にシフトしているのではないか」



田中社長、LG G Flexについて「曲がっていてどうするんだ? 一度試していただけるとよくわかる」

Xperia Z Ultra については、「女性は小顔に見える!」。AQUOS PADについて「IGZOでフルセグ。Passtockで電話との連携も楽しめる」とコメント。



AQUOS PHONE SERIE miniについて「大画面でコンパクト、なんだかよくわからんですけどね。小さいながら大きな画面が見られる」

田中社長「冬春モデル合わせて、充実のラインナップ」




つづいて、サービスについて。

auのスマートパスを説明し、コンテンツの充実っぷりを強調。また、「ラッキーをどんどん充実したい」と述べ、「日常の生活で立ち寄るお店でお得を感じて欲しい」と発言。それが毎日、ようするに何かしら更新されるクーポン配布ということ。春は学生向けの特典をいろいろ提供。自転車保険も学生向けに。



LINEのスタンプもauショップで配布。続いて料金やサポート体制について。主に料金は学生向けの拡充。サポートは既存のauスマートサポートの状況を説明。田中社長「究極のサポート、auスマサポ」と省略形でアピール。auでは、動画でアプリの使い方なども紹介しているそうです。

田中社長が最後にまとめのコメント「みんな一緒じゃないか。でもお客さんは少しでもいいものを選びたい。auは少し違う。auらしらを出していく。広くで速いLTE、au。国内のLTEカバレッジはダントツだと思っています。冬に加えて春モデルは、大画面。学割は最強の割引。ますます、どんどん強化されている、auスマートパス、究極のサポートで、auの春の提案。春も頑張っていきたいと思っいます」



auのテレビCMキャラクターの俳優陣が登場。各人がそれぞれ「お気に入り」担当の端末を紹介。しかし、田中社長「画面が大きくてとってもいい、と言えって前に書いてありますけど」と思い切り舞台裏を披露。

田中社長「我々は違うんだ、Think differentじゃないけども」とコメント。





質疑応答。本日の発表内容に限る。1人二問まで。

質問:特長ある商品を出す狙いは?

田中社長:3社横並びじゃないのか? そうじゃないと我々は違ったところを打ち出していく。スマホのサイズもこれで本当にいいのか、大きなスマホも充実させた方がいいのではないか、いろいろなアイデアが出てきた。お客さんはいろいろな側面でキャリアを比較する。違いを作っていく、auらしさを作っていく。

質問:特長的だが価格は? iPhoneですら0円でキャッシュバックがつく。販売施策をどう考えているか?

田中社長:これから学割シーズン。いろいろな提案をしようと思っている。月額料金も4つの0円。年末年始のキャッシュバック商戦から、違いが訴求できる商戦に変わってきている。競争相手もいるが、適切なキャッシュバックで頑張っていきたいと思っている。

質問:ファブレットについて。

田中社長:大画面は向かないと思っていたが、数値上伸びている。少し計画する時は、チャレンジと思っていたが、具体的な数字は勘弁していただきたい。

質問:Firefox OS搭載モデル?

田中社長:今年発売したいと思っているんですが、いいですかね? あ、年度内だそうです。違った世界を提案できればと思っています。※質問後訂正が入り、2014年度内と言い直しました。

質問:SIMロック解除について

田中社長:SIMロックについて、ビジネスモデル熟成できていない、今後どうしていくのか、まだ検討段階。

質問:12月でドコモ純増トップ、3社の競争環境、変化の実感はあるか

田中社長:我々はキャリアの競争力はMNPが表していると思っている。MNP1位を続いている。競争力は落ちていないと思っている。iPhoneが3社で出て、全体の流動市場は小さくなっていると思っている。

質問:冬春モデルの「違ったau」。他社ともっとも違うのはオリジナルの isai だと思う。発売後の反響、販売数については言えないと思うが、手応えはどうだったか? コラボモデルは今後も続けていくのか?

田中社長:isai、オリジナルモデルで大事にしている。こういった取り組みは続けていきたい。各シーズン、いろいろな新しさを提供しつづけていきたい。販売数は、最初ゆっくりの出だしだったが、年末年始、数字もあがってきた。こういうことをやっているとお客が見てくれている、と感じる。引き続き頑張っていきたい。



つづいて、学割について説明。新キャンペーンキャラクターを紹介。モーニング娘。'14と森三中で、「モリ娘。」(もりむす)でキャンペーン展開。プロデューサーのつんく、「全力でやっていただく」とコメント。

なお、発表会は森三中は「仕事の都合」で欠席。auの発表会は仕事ではないのでしょうか? また、モー娘。メンバーのうち、学生は今回はお休みだそうです。舞台上では、メンバー各人が今年0にしたいことを話しています。一方、それを取材するマスコミ陣は、それをただ真顔で見ている、そんな状況です。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: au, au 2014 spring, kddi, kddi au
130シェア
0
130
0
0

Sponsored Contents