Sponsored Contents

dimmの最新記事

Image credit:
Save

SanDisk、DIMMスロットに挿す超低遅延SSD「ULLtraDIMM」を出荷開始

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年1月21日, 午後04:10 in Dimm
249シェア
0
249
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


SanDisk がエンタープライズ向けストレージ ULLtraDIMM の出荷開始を発表しました。ULLtraDIMM はフラッシュメモリベースでありつつDDR3インターフェースを採用し、サーバのDIMMスロットに挿入する製品。

SanDisk では「CPUにもっとも近い場所に配置することで、フラッシュメモリの最後のパフォーマンスギャップを超える」メモリーチャネルストレージソリューションと称しています。



ULLtraDIMM のSSDとしての主な仕様は、書き込みレイテンシ 5マイクロ秒以下、ランダムアクセス性能はリード 150K IOPS、ライト65K IOPS、転送速度はリード1GB/秒・ライト760MB/秒、容量は1スロット200GB品と400GB品。

中身には1x nm台(19nm)プロセスのMLC NANDフラッシュメモリを用いて相対的に低コストでありつつ、DDR3インターフェースでRAMのかわりに運用できる低遅延が特徴です。名称が「ウルルトラ〜」っぽいのもUltra Low Latency から。

RAMとしてアクセスされるMLC SSDと聞けばエンタープライズごとながら耐久性が気になりますが、SanDisk (の子会社 Smart Storage Systems) は独自の " Guardian " テクノロジーにより、ドライブの全容量を一日に10回ランダム書き込みした場合でも5年運用できる耐久性を備えるとしています。製品の保証期間は5年間。

ULLtraDIMM はすでにIBM のサーバ製品向けに採用されており、そちらでは eXFlash の名称で今年出荷のX6サーバに対応します。今のところは、かつてSSD や PCIe接続ストレージがそうだったようにエンタープライズ用の製品です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: dimm, enterprise, ibm, sandisk, ulltradimm
249シェア
0
249
0

Sponsored Contents