Sponsored Contents

biglobeの最新記事

Image credit:
Save

NECがNECビッグローブを売却、サービスは継続。4月からNECなしのBIGLOBE新体制に

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年1月30日, 午後07:07 in Biglobe
217シェア
0
144
0
73

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


NECは、かねてより噂のあったNECビッグローブの売却を正式に発表しました。3月末にもNECが保有するNECビッグローブ株式(78%) を投資ファンド 日本産業パートナーズに売却し、4月よりBIGLOBEは新体制で事業を展開します。

新体制後もISP事業は継続していく方針で、アプリやモバイルサービスといったサービスも今後強化するとしています。

 

昨年スマートフォン事業から撤退したNECは、BIGLOBE事業について本社の社長がNECの目指す方向性と違うと発言するなど売却を匂わせていました。今回の発表ではNEC株式の譲渡発表のみですが、残る22%のビッグローブ株式も日本産業パートナーズに渡り、最終的に全株式の譲渡になる見込みです。

取引の金額については、「相手先もあることなので、売却額については公表しません」(NEC)。読売新聞では売却額を700億円程度、ロイターはNEC決算を元に売却益を270億円と報じています。

NECビッグローブのブローバンド事業(ISP)の会員数は約300万人。ISP事業は今後も継続・強化するとしています。BIGLOBEはMVNOによるモバイル事業、スマートフォン向けアプリ事業も展開しており、アプリの配信総数は200程度。いずれも継続する方針です。


昨年12月のBIGLOBEのAQUOS PHONE発表会では、NECビッグローブの古関社長が売却について「答える立場にない」と発言。BIGLOBEの目指す方向性について、「FMC(Fixed Mobile Convergence)のバーチャルオペレーターになりたい。固定回線と携帯回線を融合して、シームレスに簡単に繋がるもの。我々は固定と携帯どちらも回線を持っておらず、設備を持つキャリアと一緒に組んでうまくサービスをやっており、柔軟にサービスが提供できる」と話していました。

発表会終了後の囲み取材では、古関社長を幾重にも報道陣が取り囲み、NECビッグローブの関係者も「こんなに長い囲み取材は初めて」と驚いていました。

Source: NEC BIGLOBE
関連キーワード: biglobe, nec, nec big
217シェア
0
144
0
73

Sponsored Contents