Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ、愛犬向け「ペットフィット」開始。犬用通信機で愛犬の健康管理、2万5900円(動画)

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年2月13日, 午前10:59 in Docomo
308シェア
0
232
0
76

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


NTTドコモは、3G通信対応専用端末を利用した愛犬向けサービス「ペットフィット」を3月から開始します。端末代金を含めたサービス利用料は2万5900円。「スマートライフのパートナー」を標榜するドコモがペット支援事業に一石を投じます。

 



Gallery: NTTドコモ ペットフィット | 49 Photos

49


ペットフィットは、愛犬に3G通信とGPS対応のタグを装着して利用するペットの健康管理サービス。GPSによって迷子の不安も軽減します。

ペットフィットタグとベースステーションで構成され、機器間はBluetooth接続。温度センサーや加速度センサー、防水機能など搭載。
  • 寝ている
  • 休んでいる
  • 歩いている
  • 走っている
上記のような愛犬の状態を周辺温度ともに把握可能。何を1歩とカウントするのかわかりませんが、愛犬の歩数も計測可能。犬用の活動量計と迷子検索機能として利用できます。犬の食事管理も可能。追記:前足で計測。



通信端末はNEC製造。大きさは約32 x 50 x 17.3mm、重さhあ約29g。装着対象は生後7カ月以上で、体重1kg以上の犬。連続使用時間は約10時間。800MHzと2GHz帯のW-CDMA方式に対応しています。Bluetooth Low Energuy対応。

サービスサイトはAndroid 2.3以降、iOS 6.0以降、PCなどで閲覧可能。全国のドコモ取扱店などで販売。

契約プランは専用の「プリペイドデータプラン 75MB」。75MB分の通信を1年間使えるという高額な通信料となっています。端末代金と通信料を含めた支払い総額は2万5900円で、契約を更新する場合は7500円がかかります。





ドコモでは、愛犬のビッグデータを取得して、病気の早期発見、生活習慣の改善などにつなげていきます。計測データには、獣医師監修の定型文コメントを付記します。

質疑応答。

Q:販売チャネルについて
A:ドコモ流通チャネルだけでなく、ペットショップや獣医を通じての販売も。

Q:対応犬種
A:最初にペットの体重や足の長さを入力します。

Q:犬の1歩、どう考えるのか? 人と同じように、犬もどの程度歩くと健康か、といった目安はあるのか?
A:獣医のアドバイスを受けてアルゴリズムを作った。犬によって1日の歩数目安は異なります。

​Q:ペットの健康管理考える人は、自分の健康も考える。ムーブバンドなどとの連携、一緒に買うと安くなるといった販促施策は?
A:連携なし、個別。キャンペーンについては検討していきたいです。

​Q:首輪に装着する形だが、通信機は住所や名前を入力するペットタグとしても使えるのか。
A:端末に書こうと思えば書ける。わからないことはドコモショップに(笑)

追記:登壇者が質問に回答できていないので、広報担当から補足のコメントをいただきました。まず、犬の歩数については前足を計測しており、歩数の目安については獣医と相談の上、サービス開始時には明らかにする予定。また、ペットのネームタグについては現状は想定しておらず、装着時に住所や電話番号などの紙をはさんで、運用でカバーして欲しい、とのことです。

最後に道端アンジェリカが愛犬と登場。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: docomo, dog, dogs, nec, nttdocomo, Petfit, pets
308シェア
0
232
0
76

Sponsored Contents