Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

ソニーCyber-shot HX400V 発表。光学50倍ZEISSバリオ・ゾナーT* レンズの高倍率フラッグシップ

Takuro Matsukawa
2014年2月12日, 午後04:30 in Camera
51シェア
0
51
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

ソニーがコンパクトデジタルカメラCyber-shot シリーズの新機種5製品を発表しました。その中のひとつDSC-HX400V は、ZEISS バリオ・ゾナーT* レンズや光学50倍ズーム、高性能な手ブレ補正機能などを搭載する高倍率ズーム機のフラッグシップモデルです。

レンズには光学50倍ズームを搭載し、35mm 換算で広角24mm から望遠1200mm まで対応。また「全画素超解像ズーム」を使用すると、最大で100倍まで被写体を拡大できます。これは静止画と動画ともに使用可能です。

またZEISS 社の最高級・多層膜コーティング「T* コーティング」を施し、ゴーストやフレアなどの不要な反射光を抑えます。





手ブレ補正機能には、前方2群目の大きいズームレンズ群を動かすことで光学性能と高い防振性能を両立する「2群防振手ブレ補正」を搭載。補正エリアが広くなり、高倍率ズーム撮影でもブレにくく、手持ちのまま安定したフレーミングを実現するとしています。



また動画撮影時の手ブレ補正には、ソニーのハンディカムが搭載する「インテリジェントアクティブモード」を採用。高性能な画像処理エンジンBIONZ X により可能となった独自のフレーム解析技術で、これまでの光学式手ブレ補正(垂直・水平・回転方向)に加え、電子式手ブレ補正(上下・左右方向)で強力に補正します。

無線機能ではWiFi とNFC に対応。専用アプリ PlayMemories Mobile をインストールしたNFC 対応Android 端末とワンタッチで接続して、リモコンとして使用したり静止画や動画の転送が可能です。またカメラへアプリをインストールして撮影機能などを追加するPlayMemories Camera Apps にも対応します。


主な仕様は、裏面照射型Exmor R CMOSセンサ、有効画素数約2040万、ZEISS バリオ・ゾナーT* レンズ 24mm-1200mm F2.8(W)-6.3(T)、約92.1万ドット/3.0型エクストラファイン液晶モニタ(上約90度/下約60度チルト可能)、GPS、NFC、802.11b/g/n WiFi (2.4GHz)。

電子ビューファインダー(0.2型/20.1万ドット相当、視野率100%)にはアイセンサを搭載。ファインダーをのぞくだけでファインダー表示に自動で切りかわり、液晶は消灯します。

端子類はマルチ/マイクロUSB端子、Hi-Speed USB、microHDMI (4K 静止画出力対応)、マルチインターフェースシューなど。

ファイル形式は静止画がJPEG、動画がAVCHD 規格 Ver.2.0 準拠/MP4。動画は最高で1920 x 1080@60p での撮影が可能です。

対応する記録メディアは、メモリースティックデュオ/PROデュオ/PROデュオ(High Speed)/PRO-HG デュオ/XC-HG デュオ、SD/SDHC/SDXC。各マイクロサイズはアダプタを付けると使用できます。

本体サイズは129.6 x 93.2 x 103.2mm。重さ約660g (バッテリーNP-BX1、メモリースティックデュオ込)。

価格はオープン。ソニーストア価格は5万4540円。2014年4月4日発売予定です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

51シェア
0
51
0

Sponsored Contents