Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

ソニーα6000国内発表。「世界最速」0.06秒AF、有効約2430万画素のコンパクトミラーレス一眼カメラ

Takuro Matsukawa
2014年2月13日, 午後04:10 in Camera
132シェア
0
68
0
64

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View

ソニーがミラーレス一眼カメラの新製品α6000を国内向けに発表しました。海外では発表済みのモデルですが、国内ではほぼ1日遅れでの正式発表です。

このα6000 や すでに販売中のα5000は、これまでソニーがNEX シリーズとして販売してきた小型ミラーレス一眼カメラの後継的な製品。コンパクトなボディやAPS-CサイズのCMOS センサ、E マウントレンズといった特徴は引き継ぎつつ、新たにαブランドで販売されます。



α5000はNEX-3N の後継的な仕様を備えますが、α6000はNEX-7とNEX-6の中間に位置するモデル。仕様面では有効画素数2430万はNEX-7、ファストハイブリッドAF の搭載はNEX-6とそれぞれ同じです。

α6000での進化点は、新開発のExmor APS HD CMOS センサ、NEX-7/6 比で約3倍の処理速度を備える画像処理エンジンBIONZ X、画面のほぼ全域をカバーする179点全面位相差AFセンサの搭載など。

これらのアップデートにより、さらなる高画質化と、「APS-C センサ搭載レンズ交換式デジタル一眼カメラとして世界最速」の0.06秒AF を実現したとしています。ほか詳細な仕様や実機写真などは海外発表時の記事へどうぞ。


α6000のラインナップは、ボディ単体のILCE-6000、パワーズームレンズキットのILCE-6000L、ダブルズームレンズキットのILCE-6000Y の3種類。カラーはすべてブラックとシルバーの2色を用意します。

付属レンズは6000L がE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、6000Y はE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS と E 55-210mm F4.5-6.3 OSS。付属レンズの色はボディカラーによって異なります。




発売日は3月14日(金)。価格はオープン。市場推定価格はボディ単体が6万8000円前後、パワーズームレンズキットが8万3000円前後、ダブルズームレンズキットが10万8000円前後。

また同時に専用ケースなどの別売りアクセサリーも発売するほか、α6000を購入してMy Sony Club で製品登録をした先着2000名に、オリジナルカメラクリーニングキットをプレゼントするキャンペーンも実施します。

ほか先行展示などのイベントも開催予定。詳細はリンク先ソニーのプレスリリースへどうぞ。


Via: Sony
Source: Sony
関連キーワード: camera, cameras, α5000, α6000, SONY
132シェア
0
68
0
64

Sponsored Contents