Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

活動量計になる完全ワイヤレスイヤホン The Dash が出資募集中、予価199ドルより

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年2月14日, 午後01:48 in Bluetooth
104シェア
0
104,"likes":7
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

最近は多くのフィットネス系ウェアラブルデバイスが市場に出回るようになりましたが、形状はブレスレットや腕時計型が主流です。独 Bragi がクラウドファンディングサイト Kickstarter で商品化資金を募っている The Dash は、これまで意外と少なかったイヤホン型。しかも完全にワイヤレスなデバイスです。
 

The Dash の特徴は、通常の Bluetooth イヤホン/ヘッドセットが持つリスニング/通話機能に加えて活動量計を搭載したところ。しかも、左右ユニット間もワイヤレス化しています。ワークアウトをする際に、音楽を聴く人は多いですが、そのイヤホンからじゃまになるケーブルをなくし、さらに活動量チェックもできるとなればその利便性は疑いようもありません。

実際、The Dash はクラウドファンディングサイト Kickstarter への登録とともに反響を呼び、数日で出資目標額の26万ドルを突破。専用ケースを追加したストレッチゴールの66万6667ドルも軽く通過してしまいました。出資募集期間はまだ45日も残していますが、その数字はすでに96万ドルを超え、すぐにも100万ドルに到達しそうです。
タッチセンサーを搭載し、イヤホンの右ユニットで音楽、左ユニットで活動量計関連の操作ができます。測定項目は心拍数、有酸素運動の負荷、消費カロリー、体温など。移動距離や速度など一部の項目はスマートフォンが持つGPSなどのセンサーを利用します。また、ワークアウト中にはそれらの情報を音声でユーザーに知らせてくれます。

音楽を聴くときに使える機能としては、屋外でランニングや自転車に乗るときに、周囲の音も聞こえる「トランスペアレント」モードを搭載。逆に周囲の音をシャットアウトして集中、またはリラックスできる「ノイズアイソレーション」モードまで備えています。

通信方式は Bluetooth 4.0、コーデックは aptX に対応。スマートフォンからの音楽再生に加えて、内蔵の 4GB ストレージにお気に入りの音楽を入れておけば単体でプレーヤーとしても使えます。さらに 1m の防水性能も備え、水泳中も着用可能です。

専用アプリは iOS / Android 向けに提供予定。対応機種は iPhone 4S 以降、iPod touch(第5世代以降)、iPad(第3世代以降)。Android 4.3以降(Bluetooth LE をサポートする機種)。

The Dash を入手したい方には、通常出資枠の299ドルに対して、199ドルで入手できる限定出資枠が残っています。ただし、送料及び付加価値税にかかる38ドルが別途必要なので総額は237ドル。また、サードパーティに The Dash と連携するアプリの開発を許可する方針で、希望者は 499ドルの出資というかたちで The Dash 本体と SDK およびドキュメントなどを入手可能です。

出資の伸びは絶好調ですが、まだ完全に動作する試作機などができあがっているわけではありません。FCC など各認証機関の審査、その後の製品化プロセスが仮に滞りなく進行したとしても、出資者のもとに製品が出荷されるのは2014年暮れから2015年初頭あたりになる計画です



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

104シェア
0
104,"likes":7
0

Sponsored Contents