Sponsored Contents

BMWの最新記事

Image credit:
Save

黒塗りハイヤーが呼べるアプリUberが国内正式サービス開始。試乗リポート

Keisuke Sunagare
2014年3月3日, 午後08:51 in Bmw
133シェア
0
133,"likes":17
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


Uber Japanが、スマートフォンでハイヤーを配車できるアプリ Uber の国内正式サービス開始を発表しました。Uberは31か国81都市で展開しており、2013年11月より東京・六本木を中心に日本でも試験運用をしていましたが、このたび東京23区内までサービスを拡げ日本でも正式にサービスを開始します。


Uberは、ハイヤーの配車から決済までiPhoneやAndroidのスマートフォンで完結できるアプリ。1月にサービスを開始した スマホ de タッくん などのタクシーアプリとの違いは、ハイヤーと呼ばれる黒塗りの高級車が配車され、ドアの開け閉めをおこなってくれるなどの乗車体験ができる点。Uberで提供されるハイヤーは、TOYOTAのクラウン、日産のフーガやBMWなど。

利用料金は、最低金額が800円。毎分65円、1キロ毎に300円が課金されていきます。アプリの機能で概算料金を見積もることも可能。決済はアプリの初回設定時に登録したクレジットカードから決済されるため、タクシーから降りる時に支払いは必要ありません。

正式サービス開始といっても東京の一部地域に限定されていることもあり、まだ多くの方が体験できるわけではありません。ここでは使用した様子をレポートします。



アプリを立ち上げると、自動で位置情報を元にした周辺の地図が表示されます。地図上でハイヤーを呼びたい場所を指定し、「ここでピックアップを依頼する」をタップするとハイヤーが配車されます。(初回は登録が必要です)



「ここでピックアップを依頼する」の上にある、「概算料金を見積もる」をタップすると目的地を入力する画面になり、目的地を入力することで概算料金が表示されます。

Uberの記者会見が開催されたアメリカ大使館(赤坂)から、Engadget編集部のある3331(秋葉原)までの概算料金を出したところ、3000円〜4000円と表示されました。



ほか、複数人で配車した場合に便利な「料金を割り勘にする」や、GPSの表示があいまいだった場合などにドライバーと連絡がとれる「ドライバーに連絡する」などの機能もあります。



「ここでピックアップを依頼する」をタップすると配車依頼が送信されます。画面上にはおよそ何分でハイヤーが来るかがピンに表示され、SMSで内容確認が届きます。また、画面左下にはドライバーの名前、写真、車種、車のナンバーも表示されます。

 

手順自体は非常に簡単で、数回のタップで10分以内にハイヤーが配車されました。実際にハイヤーが到着すると、ドアを開けてお迎えをしてもらえます。乗車したハイヤーはBMW。今日が初めてのUberで、記者が初めてのお客さんとのことでした。Uberはハイヤーの数や提携先を明かしておらず、記者会見でも「日々増えている」というコメントのみでしたが、さっそく日々増えていることを実感する機会となりました。



搭乗して目的地をつげると、ドライバーが持っている端末で目的地を入力します。場所が表示され、「乗車を開始する」をタップすると課金がはじまります。



車内がタクシーに比べて広くスペースがあるので、膝の上にパソコンを置いて仕事をしたり、足をのばしてくつろぐこともできました。





目的地の3331に到着。すると、Uberのアプリ上では金額が表示されます。また、暫くすると登録したメールアドレスに走行したルート、走行時間、走行距離、平均速度などが細かくレポートされた領収書が届きます。こういったサービスはほかの配車アプリにはなく、Uberの安心感やリピートに一役買っていると思われます。







正式サービス開始の記者発表会はアメリカ大使館で開催されました。Uber Japanの代表取締役 塩濱 剛治氏は、誰もが簡単にスマートフォンで自分のお抱え運転手を持てること、日常で頻繁には乗れないハイヤーを配車できることなど、Uberの「プレミアムな乗車体験」を説明。「タクシーを呼んでいるわけではなく」とタクシー配車アプリとの違いを強調しました。



また、グローバルと日本のUber利用者の違いとして若い女性が多いことを紹介。ドライバーの顔が見え、いつ到着するかがわかるので安心して利用でき、車内の中も「タクシー特有の臭い」がしないことも挙げています。

東京以外でのサービスの展開については未定。まずは東京でのサービスに注力し、配車時間を10分以内にすることを目標にしているとのこと。

Uberと言えば、初回乗車時2000円割引になるコードの発行や、自分のプロモーションコードを使って友人知人がUberに登録すると、紹介した側もされた側も2000円分の割引コードがもらえるユニークなキャンペーンが有名です。正式サービスにあわせた施策についてUber Japanに質問したところ「開始日には間に合っていないが、施策は用意を進めている」とのことです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Uber
関連キーワード: BMW, nissan, TOYOTA, uber, uberjapan
133シェア
0
133,"likes":17
0

Sponsored Contents