Sponsored Contents

lineの最新記事

Image credit:
Save

LINE、「LINE KIDS動画」発表。毎日15分分視聴時間追加「タイマーシステム」、おねだり可(更新)

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年3月20日, 午後02:01 in Line
159シェア
0
159
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


LINEは、3月20日、「小さい子どもと保護者のため」の新サービス発表会を開催中。子ども向け動画サービス「LINE KIDS動画」を発表しました。現在、LINE執行役員・CSMO の舛田淳氏らが登壇。速報でお伝えします。

子どものLINE既読スルー問題にゆれるLINEですが、今回のサービスは未就学児童を対象としたもの。安心・安全をうたっています。

Gallery: LINE KIDS動画 | 32 Photos

32

 


LINEのミネラルウォーターが置いてありました。

舛田氏「子どもとスマートフォンについて考えたことがあるか、スマートフォンを通じて、これまで以上に情報やサービスに出会う。親と子どものサポート役。ただ、子どもにとって影の部分も生まれている。性的な暴力的なコンテンツ。過剰な利用によるサービス依存。スマートフォンの輝かしい進化の一方で影になっている。子ども達の目の前にそういう危険がある。子どもや親にとって現在の状況は安心できる状況じゃないのかもしれない

LINE KIDS動画発表。安心のコンテンツ、安心価格、安心な管理機能を提供。1〜6才の子どもとその保護者を対象としたサービスです。



LINE KIDS動画には、子どもが本当に見たいもので、しかも親も安心なコンテンツが配信されるそうです。コンテンツは1500エピソード、全28タイトルをラインナップ。「本当に見たいもの」って一体なんなのでしょう。

ラインナップ発表。いわゆる子ども向けのアニメーションや戦隊もの、また、親世代が子どものころに楽しんだタイトルが並んでいます。



1日最大40分間、無料で楽しめる「タイマーシステム」搭載。翌日には15分間分チャージするそうで、「おねだり機能」で無料分を他のユーザーからもらえるそうです。発表会では言及していませんが、「ママ友」の間でネズミ算的に利用者が増やせそうですね。

有料の番組見放題プランは特定のコンテンツを月額400円で見放題。LINEチョイスプランは月額500円で、LINEが選んだ全28タイトルの中から毎月300エピソードが見放題。



安心機能「チャイルドロック機能」で、勝手にスマートフォンを使わせません。視聴履歴や時間も把握できます。

LINE KIDS動画は審査通過次第、iPhone版からサービス開始。Androidは2014年中。



舛田氏「安心して小さい子どもも使える入り口を用意した。LINE KIDS動画、良質の動画コンテンツが楽しめる場所を用意しました。」

もっとも重要なのは、子どもたちが見たいと思って、なおかつ安心なコンテンツだそうです。



質疑応答。

Q:15分見たら、もっと見たくなるのではないか。子どもに中毒性があるのではないか。
A:15分には意味があります。子どもがたくさん見たい。たとえば15分以内で見られる動画を見て欲しい。子どもと一緒に「今日はここまで」と話しあいのきっかけにして欲しいです。家庭内のルールが重要、親子で一緒に使っていただきたい。我が家ではこうだ、とこのプロセスが大事だと思う。依存の問題より、何かを与えてしまうのが問題。暴力的、性的なコンテンツ、そういったものからまずは守ってあげるのが重要ではないか。

Q:他のデバイス展開。
A:テレビは当面ない。タブレットで視聴は可能。

Q:大人向けのサービス展開は予定しているのか? なぜまだ開始していないのに発表するのか?
A:大人向け動画配信は選択肢の1つ。競争力を持ち、これまでの動画配信を変えられると考えられれば。サービスは今日出ている予定でした。アップルの審査が間に合いませんでした。

Q:広告によるマネタイズについて
A:現時点では考えていません。

Q:LINEのログインは必要なのか?
A:基本的には必要。一部なしでも視聴できます。

続いて芸能セッション、木下優樹菜さんとつるの剛士さんが登場。公私ともに仲が良い二人、やりとりはメール、LINEでやりとりはしていない、そんな二人が登壇しています。






広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: line, line kids, lLINE KIDS
159シェア
0
159
0

Sponsored Contents