Sponsored Contents

3d printerの最新記事

Image credit:
Save

3万円で買えるミニ卓上3Dプリンタ Micro、初日に目標10倍の50万ドル超を調達

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年4月8日, 午前06:59 in 3D Printer
448シェア
0
261
0
187

連載

注目記事



クラウドファンディングサービスの Kickstarter で、出資募集の初日に目標額の10倍以上を集めたプロジェクトがまた誕生しました。M3D社の Micro は、「真に一般消費者向けな最初の3Dプリンタ」をうたう製品。

出力サイズは最大で高さ116mmと小さいものの、本体も約185mm角で約1kgと軽く小さく、プラグアンドプレイでセットアップやメンテナンスの手間が少なく、なによりも200ドル(台数限定売り切れ)から300ドル程度と安価な点を売りとしています。

Gallery: 卓上3Dプリンタ Micro | 9 Photos

9



開発したM3Dによると、低価格の理由はサイズを小さくして部品やロジスティクスの費用を下げたこと、またプロ用3Dプリンタの1/10という低消費電力と効率化で電源や基板なども安価な部品を使えたことなど。

出力用の素材には、3Dプリンタ用として一般的なABSやPLAに加えてナイロンや Chameleon等に対応します。プリントエリアはベース部分が 109 x 113mm、高さ74mm以上は91 x84mm、最大高さは116mm。そのほか分解能はXYが15ミクロン、Z(高さ方向の一層分の厚み)が50 - 350ミクロンなど。

MacおよびPC向けにドラッグ・アンド・ドロップでモデルを選択する簡単なソフトウェアが付属するほか、上級者には .stl や .obj をサポートして各種の既存3Dモデリングソフトウェアが使えます。Linux も「おそらく」サポート予定。




Kickstarter では、先着250口の199ドルでMicroひとつ、先着500口の249ドルで一台などがすでに売切れ。299ドルで1台のコースがまだ残っています。送料は米国内なら25ドル、海外は地域により50から75ドル程度。

すでに目標の調達額までは出資宣言を集めているため、何らかの自体で中止になったり頓挫しなかった場合、選択した出資メニューや最終的に調達できる資金 etc により2014年夏から2015年3月頃の出荷を見込んでいます。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: Kickstarter
関連キーワード: 3d printer, chameleon, kickstarter, m3d, micro
448シェア
0
261
0
187

Sponsored Contents