Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Operaの新ブラウザCoast、iPhone版も提供開始。極端にシンプルなWebKitブラウザ

Miguel Reynolds
2014年4月25日, 午前10:50 in Coast
489シェア
0
173
0
316

連載

注目記事



ノルウェーのOpera Softwareが、「Opera Coast」のiPhone版を公開しました。AppStoreからダウンロードできます。Opera Coastは、昨年9月にiPad専用アプリとして発表された無料のブラウザアプリ。ナビゲーションバーやツールバー、「戻る」ボタンやURL・検索ボックスすらない、極端なほどのシンプルさが特徴のブラウザです。

 



黎明期から変わらないWebブラウザのデザインに疑問を感じたオペラのエンジニアたちが、当初は半ば趣味のプロジェクトとして開発したCoast。iPad版は日本のApp Storeでも一時ランキング1位(iPad向け・無料アプリ部門)を獲得していました。



公開されたばかりのiPhone版は、基本的な画面デザインや操作体系はiPad版を踏襲しています。YouTubeなどのアイコンが並ぶホーム画面は、すべてのWebサイトはWebアプリである、という発想から。Coastはブックマークされたサイトをアイコン化して表示します。ホーム画面をプルダウンすると検索窓(?)を表示。単語を入力するたびに、Google検索のサジェストを引用して表示します。



Webサイトの閲覧時に表示されるボタンは2つだけ。画面下に表示される、現在開いているタブを切り替えるためのボタン(右端)と、ホーム画面に戻るためのボタン(中央)です。開いているタブはブックマークとしてホーム画面に追加できるほか、プリンタへの送信やメール・SMSでの送信、Twitter・Facebookへの投稿が可能です。なお、iPad版とiPhone版の間ではiCloudを経由してブックマークの同期が可能。パスワード保存機能も用意されています。

「戻る」ボタンはおろかURLの表示すらもないので、最初はやや戸惑うデザイン。ただ、プルダウンしてページを更新、左右スワイプで戻る・進むなど、ナビゲーションにはなじみのある操作を採用しているので、特に迷わず使えるはずです。HTTPSでの接続かどうかも確認できないのは難点ですが、無効な証明書を使っているサイトなどの場合は警告が表示されます。くつろいで使うのに最適なブラウザを目指す、という思いからCoast(浜辺)と名付けれられており、その名の通り細かなことを考えず、ほぼフルスクリーンの表示でラクに使えるブラウザと言えます。



一方で、タブは最大7つまでしか開けず、各種ブックマークレットが使えず(ブックマークのURLが編集できない)、そもそもURLの手入力が一切できないなど、これ1つで済ますにはいろいろと足りないブラウザです。プレビュー版でのテスト結果ながら、JavaScriptのベンチマークテスト「SunSpider 1.0.2」でも、iPhone標準のSafariより遅い結果となりました(Safariの407.1msに対して1492.5ms。iPhone 5sを使用)。暇つぶしのウェブ巡回用などと用途を決めて使うといいかもしれません。

Source: Opera
関連キーワード: coast, ios, opera, opera coast, opera software, web browser
489シェア
0
173
0
316

Sponsored Contents