Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 5のスリープボタンに不具合、アップルは5月2日より無償交換修理を実施

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年4月29日, 午前06:26 in Apple
404シェア
0
264
0
140

連載

注目記事



アップルは一部の iPhone 5 のスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)に不具合があることを認め、無償交換・修理対応を実施します。不具合の内容はスリープボタンが効かなくなる、または断続的にしか効かなくなる現象。

対象は 2013年3月以前に製造された iPhone 5で、修理の対象かどうかはリンク先のアップル サポートページで本体シリアル番号を入力して確認できます。


iPhone のシリアル番号は、設定の一般 > 情報から確認できます。


もし不具合が発生しており、無償交換対象だった場合、交換を受けるには持ち込みと郵送(ピックアップ&デリバリー)の二種類の方法があります。

持ち込み修理の場合は、直営のApple Store またはアップル正規サービスプロバイダに直接持ち込んで、交換対象か確認したのちそのまま預けて修理交換後に引き取ることになります。修理中の代機は iPhone 5 の貸出対応(16GBのみ)。通信会社の店舗ではなくアップルに持ち込む必要があります。

もう一方のピックアップ&デリバリー修理は、サポートページの問い合わせ先からアップルに電話して、リペアセンター行きの梱包用ボックスを送ってもらう方法。


いずれの場合も、iTunesまたはiCloudにデータをバックアップしたのち、「すべてのコンテンツと設定を消去」でフルリセットしてから引き渡すよう求めています。PCを使っていない、あるいは iCloudは知らなかった / 無償容量では足りないというユーザーの場合は周囲に助けを求める必要があるかもしれません。

なお、スリープボタンの効きがおかしくてすでに自費で修理していた場合、アップルに問い合わせれば払い戻し対応の可能性があります。詳しくはアップルのサポートページへ。

Source: Apple
404シェア
0
264
0
140

Sponsored Contents