Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Moog、モジュラーシンセサイザー50周年記念にキース・エマーソン モデルを復刻、希望者には販売

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年4月29日, 午前07:08 in Elp
264シェア
0
264,"likes":56
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

シンセサイザーやテルミンで有名な楽器メーカー 米 Moog が、モジュラーシンセサイザーの開発50周年を記念して、プログレッシブロックバンド Emarson, Lake & Palmer のキーボーディスト、キース・エマーソンが使用していた巨大なモジュラーシンセサイザーを復刻しました。

Gallery: 2014 Emerson Moog Modular System | 20 Photos

20


キース・エマーソンは、シンセサイザーを初めてロックミュージックに使ったアーティストのひとり。それまではスタジオでレコーディングに使われるだけだったシンセサイザーを、ライブステージ上での演奏に加え、ミュージシャンが立ち向かい様々な音を生み出す演出的な道具としての効果も生み出しました。

またモーグのシンセサイザーといえば、音の発声、増幅、変調、制御など、サウンドを出すまでの各工程に当たる部分を個別の基板に分割したモジュラーシンセサイザーが連想されます。コンソールにモジュラー基板を入れて構築するため、音を出す原理さえ理解していれば自由にモジュラーを組み合わせた音作りが可能です。1970年代、キース・エマーソンによってカスタマイズされ、積み上げたコンソールが壁のようにそそり立つ「Keith Emerson's Moog Modular System」は、バンドの人気と相まって、モーグの名を世界に知らしめるものとなりました。

今回のの復刻版は、オリジナル版と同じように手作業で組み立てられました。パーツは世界中から集めたオリジナルやヴィンテージ(未使用または新古)品を使用。各モジュールのプリント基板もオリジナルのフィルムから起こし、配線のハンダ付けも手作業です。さらに最近ではあまり見かけなくなったフォトエッチングされたアルミニウム製フロントパネルを用いるほか、コンソール左上には Emerson, Lake & Palmer のアルバム「Brain Salad Surgery (邦題:恐怖の頭脳改革)」のアートワークも見えます。
 

 
完成した復刻版はつい先日、4月24日に開催された MOOGFEST 2014 においてキース・エマーソン本人の手により演奏され、初舞台を飾っています。

なお、モーグはこの The New Emerson's Modular System を数台生産し、希望があれば一般にも販売する計画もあるようです。ただしその価格は提示しておらず、購入希望者は電話で問い合わせる必要があるとのこと。

追記:キース・エマーソンは4月26日、前述の MOOGFEST 2014 会場で引退の考えがあることを示唆しました。キース曰く、「今年はもう70歳になるし、人前で演奏するのもそろそろ終わりかなとも思うね」とのこと。とはいえ、明確な引退宣言と言うよりは、雑談の中でそういうコメントが出たという感じのようです。1994年にも一度引退宣言をしているキース・エマーソン。その2年後の1996年にはあっさり来日公演をおこないファンを驚かせています。ポール・マッカートニーや The Rolling Stones の面々のように70代になっても元気な姿を見せ続けてほしいものです。

 


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

264シェア
0
264,"likes":56
0

Sponsored Contents