Sponsored Contents

Gibsonの最新記事

Image credit:
Save

録音機能つきシールドケーブルThe Gibson Memory Cable発表、楽器演奏を直接 microSD保存

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年4月30日, 午後05:32 in Gibson
337シェア
0
235
0
102

連載

注目記事

楽器メーカーの米 Gibson が、ギターやベースその他電子楽器の演奏を録音できるケーブル「The Gibson Memory Cable」を発表しました。ケーブルの途中に大きなリモコンのような本体部分で演奏を録音できます。また、楽器とアンプなどをつないで普通のシールド線としても使えます。

Gallery: The Gibson Memory Cable | 5 Photos

5

米ギブソンといえば、2012年に日本のオンキヨーを傘下に収め、次いで昨年には TASCAM ブランドを持つティアックも子会社化しています。さらに、つい先日にはオランダの電機メーカー Philips の AV 部門を受け持つ香港企業、WOOX Innovations の買収を発表するなど、Gibsonブランドのもと音楽・音響分野に広くまたがるグループを形成しつつあります。

The Gibson Memory Cable はそんなギブソンの本業の一部ともいえるエレキギター用ケーブル。ただし、録音機能を搭載しています。長さ 5m ほどのギター用シールドの中間にリモコンのようなプラスチック筐体があり、ボタンを押すだけで演奏を録音できる仕掛けです。

録音フォーマットはCDクオリティ(44.1kHz/16bit)の WAV 形式。4GB の microSD カードが付属しており、最大で約13時間の録音が可能。microSD カードがいっぱいになった場合は、古いファイルから自動的に削除してレコーディングを続行します。また、入力があるときだけ録音する Auto モードを搭載するので、無駄に無音部分を録音することもありません。なお、録音部の設計には TASCAM の技術を採用しているとのこと。

対応する楽器はエレキギター、ベースギターだけではなく、キーボードやドラムマシンなど、ラインレベル楽器全般。単一の楽器だけでなく、PA システムへ出力する部分に The Gibson Memory Cable を使えば、バンド演奏全体の録音もできます。

また、Gibson 曰くケーブル自体も高品質なものを使用しているため、録音用途だけでなく、そのままアンプなどに接続して通常のケーブルとして使っても音質的にまったく問題ないとしています。

電源は単3型電池 x2で、連続8時間の使用が可能です。また内蔵クロック用に LR44 ボタン電池を使用し、こちらの寿命は約1年間。

米国での発売日は5月15日。Gibsonのサイトには記載がありませんが、複数のサイトで紹介されている価格は約100ドル。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

337シェア
0
235
0
102

Sponsored Contents