Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

ドコモからソニーのフラッグシップ「 Xperia Z2 SO-03F 」発表。VoLTEは後日対応(更新)

Shinpei Anzai
2014年5月14日, 午前11:36 in Android
136シェア
0
136
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

NTTドコモは、2014年夏のスマートフォンとして、ソニーモバイルのフラッグシップモデル「Xperia Z2 SO-03F」を発表しました。5月21日発売予定。

2月のMWC 2014で発表したXperia Z2は、Xperia Z1の5インチから5.2インチへ画面サイズを大型化、バッテリー容量も増えた一方で13gの軽量化を実現したモデルです。

Gallery: SO-03F | 45 Photos

45

 

すでに発表済みのモデルということで、詳細はこれまでの記事に譲ります。今回ドコモでは同時にXperia A2やXperia Z2 Tabletを発表しており、Xperia Z2はグローバルモデルのフラッグシップスマートフォンとなります。デザインはXperia Z1から大きな変更はなく、1枚のガラスの板を目指すソニーらしいスマートフォンといったところ。

LTEは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで、VoLTEにも対応。ただし、発売以降に端末ソフトウェアの更新しなければなりません。国内モデルはNFCだけでなくFeliCaをサポートし、ワンセグやフルセグ、NOTTVの視聴が可能。ただし、テレビ機能を利用するには同梱の外付けアンテナが必要です。

20.7MPカメラを利用して4K動画撮影が可能。フロントステレオスピーカー、デジタルノイズキャンセリング機能など映像や音楽といったAV関連機能が充実したモデルです。OSはAndroid 4.4 Kitkat。



4Kの動画撮影ができるのがポイントです。ホーム画面のウィジェットに4K撮影の起動ボタンが配置されていました。また、動画の一部分をスローモーション化できる機能など、エフェクト機能をたくさん搭載しています。一部分だけをスローモーションにして動画撮影をすると、まるで映画のような動画が作れます。

このほか写真を撮る時に「背景ぼかし」ができるので、スマートフォンでも一眼カメラ撮影したような写真が撮れます。

スマホ初搭載の「デジタルノイズキャンセル」も魅力。音楽に集中できるよう、周囲の騒音を約98%カットします(ソニー調べ)。ノイズキャンセリング対応のヘッドセットを使えば、騒音が気になる場所でも落ち着いて音楽に集中できそうです。

画面占有率(スマホの表面に対する画面の大きさ)が大きくなっているので、5.2インチとは思えない大画面を楽しめます。実際に実機を見てみると、スマホのフチの部分とスマホの画面の境界がほぼ無くなっていました。



ドコモ2014夏モデル 関連記事一覧




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

136シェア
0
136
0

Sponsored Contents