Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

ドコモの活動量計「ムーヴバンド」が装いも新たに第2弾。メーカー変更、NFC対応、7500円

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年5月16日, 午後08:40 in Docomo
93シェア
0
93
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


NTTドコモが2014年夏モデルを発表しましたが、この中でドコモ・ヘルスケアがリストバンド型の活動量計「ムーヴバンド2」を発表しました。6月中旬発売。

第1弾となるムーヴバンドは、ハードウェアに大いに不満が残るものでしたが、第2弾はメーカーを東芝からオムロン ヘルスケアに変更。これでダメなら次がないかもしれない、そんな気にさせます。

Gallery: ムーヴバンド | 15 Photos

15

 



ドコモ・ヘルスケアは、ドコモとオムロン ヘルスケアのジョイント企業で、ドコモ関連の健康関連ツールやサービスを展開しています。東芝製の初代ムーヴバンドは、ボタンが押しにくくLEDが確認しにくい上電池がもたない、といったようにハードウェアへの要望をたくさん言いたくなるものでした。



第2弾となるムーヴバンド2は、メーカーを変更し、基本的には第1弾の反省を踏まえた仕様となっています。歩数や距離、消費カロリーといった基本的な活動量計の機能に加え、アラーム機能や睡眠時間も計測できます。アプリはこれまで同様「WM(わたしムーヴ)アプリ」「からだの時計 WM」が利用可能。

Bluetooth 4.0のほかNFCをサポートし、対応スマートフォンをバンドにかざすだけで、データ転送が可能です。なぜBluetooth 4.0だけでなくNFCも対応したのかといえば、これはAndroid端末のBluetooth 4.0がモデルにより差があるため。かざす行為のわかりやすさと安定しているNFCも使えます。



大きさは22gから17g、ボタンは側面部にあります。動作時間は約4日から7日となりました。ただし、これまでIPX5/7 クラスの防水機能がありましたが、IPX5の生活防水へと変更されています。これからアクティブな夏がやってくるというのに、少し残念な仕様変更です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

93シェア
0
93
0

Sponsored Contents