Sponsored Contents

bluetooth speakerの最新記事

Image credit:
Save

シャープからNFCタグ付属のBluetoothスピーカー GX-BT7、離れた場所でも簡単ペアリング

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年5月16日, 午後05:26 in Bluetooth Speaker
61シェア
0
61,"likes":12
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
シャープが、2.1ch スピーカー搭載の据置き型 Bluetooth スピーカー GX-BT7 を発表しました。独立した NFC タグが2個付属しており、本体から離れた場所からでも スマートフォンなどとペアリングが可能です。また、電源をオンにするとスピーカー部分が左右に開き、青色 LED イルミネーションが現れるギミック付き。開く際にはエアバルブを操作したような「プシュー」という効果音もついており、目と耳で起動を確認できます。
 
 

最近は Bluetoothスピーカーへの NFC 搭載があたりまえになりました。NFC 対応のスマートフォンなどであればスピーカー本体の NFC タグ部分に触れるだけでペアリングを完了でき、非常に便利です。

しかし、逆にタッチする動作が必要なためリビングなどでは、ユーザーがソファから立ち上がり、スピーカー本体のところまでわざわざ歩いて行ってペアリングをしなければなりません。


シャープは、 NFC タグだけを好きなところに置ける Bluetooth スピーカー GX-BT7 を開発しました。テーブル上など、手元に置いた NFC タグにスマートフォンで触れれば、ローボードの上などに置いた GX-BT7 との間でペアリングが完了、スピーカーが起動します。
NFC タグは2個付属し、面ファスナーテープで好きな場所に固定が可能。たとえばひとつはテーブルの上、もうひとつは部屋の入口の照明スイッチ横などに固定しておけば、帰宅して照明を点けると同時に GX-BT7 を起動できます。NFC の有効範囲はスピーカー本体から約10m以内。

スピーカーとしては、50mm径のフルレンジ2基と 80mm径サブウーファー2基を搭載。合計出力は最大20W。周波数帯域は50Hz~20kHz。

Bluetooth 2.1+EDR 搭載で、対応プロファイルはA2DP/AVRCP。コーデックは標準の SBC のみ。ワンセグなどの音声を再生するための SCMS-T に対応します。スマートフォンや Bluetooth 対応プレーヤーを8台まで登録しておけるマルチペアリングに対応します。

本体大きさは44.6 x 15.5 x 15.4cm。起動すると左右の幅が48.7cmに拡大します。重さは2.7kg。カラーはシルバー、ブルー、レッドの3色をラインナップしました。

発売日は6月10日。価格はオープンですが、店頭予想価格は税込み2万1600円前後。

下に掲載したのは GX-BT7 の紹介動画。そのままテレビショッピング番組に流用できそうな出来栄えです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Sharp
61シェア
0
61,"likes":12
0

Sponsored Contents