Sponsored Contents

foodの最新記事

Image credit:
Save

肉や魚の鮮度を嗅ぎ分けるポータブル電子嗅覚デバイスPERES、「まだ食えるか」をスマホに表示

Munenori Taniguchi
2014年5月26日, 午前05:30 in Food
732シェア
0
396
0
336

連載

注目記事

食物や農業関連の製品を手がけるリトアニアのスタートアップ企業 ARS Labs が、食材の新鮮度を判定する「電子鼻」デバイス PERES を開発しました。食材が発するガスを嗅ぎ分ける電子嗅覚センサーや温度・湿度センサで鮮度を分析し、スマートフォンに「まだ食べられるか」を表示します。

Gallery: Peres - Smart way to protect you from food poisoning | 15 Photos

15

 

夏が近づき、食物が傷みやすい時期になってきました。生肉や魚をうっかりあたたかい所に置きっぱなしにしてしまったとき、火を通して調理すれば大丈夫というのは甘い考えです。細菌が繁殖してしまった食物は加熱処理をしたとしても、菌が出した毒素がなかなか分解されず残ってしまうこともあり、うかつに口にするのは危険です。
 

 
PERES の使い方は、食材に向けてボタンを押すだけ。腐敗によって生じるアンモニアなどのガス、揮発性有機化合物(VOC)の濃度、温度、水分から新鮮さを計算し、食べても大丈夫かを判定します。判定結果は、Bluetooth 経由で接続したスマートフォンのアプリで、各測定項目の値とともに確認できます。測定できる食材は豚肉、牛肉、鶏肉、そして魚。野菜などには対応しません。
現在、Indiegogo のキャンペーンでは89ドルで PERES 本体を入手できるかわりに、使用した感想などをフィードバックするベータテスターを募集中。ただし本体カラーは5色あるうちのグリーンしか選べません。そのほか通常の出資枠としては、PERES を120ドルで入手できる早期出資者向けの枠や、2台同時購入希望者向けの220ドルの枠があり、さらに5台、10台、30台セット、iOS/Android 向けの SDK が付属するデベロッパーパックといった枠などが並びます。

キャンペーン期間は残り1週間あまりですが、すでに目標出資額の5万米ドルはクリア済み。PERES はすでに第2世代めの試作品を完成しており、キャンペーン終了後には製品版の生産に移る模様。具体的なスケジュールとしては、6月にスマートフォンアプリを完成、7月の終わりごろには最初のロットを出荷予定です。

なお、市販に向けての準備も進行中のようで、Indiegogo のキャンペーンとは別に PERES のウェブサイトでも1台120ドルの特別価格で購入予約を受け付けています。

「まだ食べられるか」を心配するような食材はそもそも食べないほうが良いともいえますが、PERESを買い物時に持ち歩いて、肉や魚が本当に宣伝どおりの鮮度なのか購入前に確認するような使い方も開発者は提案しています。

また専用アプリには、はたして必要なのかどうかはわかりませんが、測定結果を主要な SNS へ投稿する機能を搭載します。仲間うちでスリリングな食生活と強靭な胃腸を自慢しあうのも一興ですが、あくまで自己責任でどうぞ。

Source: Indiegogo
Coverage: PERES
関連キーワード: food, food poisoning, FoodPoisoning, Peres
732シェア
0
396
0
336

Sponsored Contents