Sponsored Contents

3dPrintingの最新記事

Image credit:
Save

COMPUTEX 2014の変ガジェット&小物:3Dプリンタ製の微妙ガンダムからQi対応ミキサーまで

Shingi Hashimoto
2014年6月3日, 午後05:18 in 3Dprinting
154シェア
0
94
0
60

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


台湾・台北で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2014会場より。今回は3DプリンターやIPカメラ、ワイヤレス充電といったアイテムの動向、そして目に付いた変ガジェットの展示をお伝えします。

Gallery: COMPUTEX TAIPEI 2014 Part1 | 28 Photos

28



まずは3Dプリンタから。日本でも「ダヴィンチ1.0」を発売しているXYZプリンティングが新製品として、タッチパネル操作などに対応したダヴィンチシリーズ最新モデル「ダヴィンチ2.1 AiO」と、光造形方式に対応した「Nobel 1.0」の2モデルを展示していました。

訂正:当初誤って「設置面積を小さくした「Novel 1.0」」と表記していましたが、正しくは光造形方式(SLA)に対応した「Nobel 1.0」でした。お詫びして訂正いたします。








しかし、ある意味でさらに注目が出展ステージ。造形師とコラボレーションしてプリントした、2足歩行機構搭載のガンダムを出展していたためです。現在の技術の限界か面長になっており、ガンダムよりは若干ゴーショーグンに似てる印象もありますが、意外なところで改めてガンダム人気を実感しました。



なお業者向けの出展ブースでは、SKY TECHが速くも3DプリンターのOEM・ODM生産をアピールしており、今後は速くもノーブランド3Dプリンタの時代が来そうな気配があります。

そして実はアツいのがドライブレコーダーや業務用・監視用を中心としたIPカメラ。ここ数年でWi-Fi対応製品やHD解像度の製品の登場で世代交代が起きており、かなりの新製品が登場しています。



ドライブレコーダーでの注目は、VICOVATIONのVico-WF1。ドライブレコーダーは従来SDカードに記録する製品が主でしたが、これは802.11n対応のWi-Fiモジュールを搭載しており、スマートフォンへのデータが手軽に転送できるのがウリ。さらに展示では、スマホ経由で動画サイトへデータを送る例なども見せていました。



ちなみにここはデモもある意味ユニークで、ユーザーが遭遇した事故事例を放映。実際の製品性能を見せるにはもってこいなのですが、一方でちょっと「警視庁24時」的な、ものものしい雰囲気が漂っていました。



そして感心したのがAbeltechのWi-Fi Cloud Baby Monitor。製品としては「赤ちゃん関係ないやろ!!」とツッコミたくなるぐらい汎用的もいいところなアイテムですが、それを赤ちゃん用です!! と言い切る用途提案が、微笑ましくも技アリといったところ。逆を言えば、こうしたIPカメラがそれだけコンシューマ向けにも普及してきたということかもしれません。



続いて紹介するのは、ChipsipのSIMEスマートグラス。展示されているのは試作機ですが、なんとGoogle Glassの騒動の向こうを張って「Real-Time Sharing」をアピールするスマートグラスです。仲間うちでのイベントなどでの使用を前提としているようですが、もし発売されたらいろいろな意味で話題を呼びそうな一品でしょう。



ワイヤレス充電関連は意外に展示が少ない印象ですが、いくつか注目アイテムもありました。まずはSYSLABOのQi対応充電ステーション「Preforza」。プチガラステーブル風のデザインと3台×5Wという充電能力をアピールします。ともすれば実用一点張りだったワイヤレス充電アイテムにあって、このフォトジェニックさは魅力でしょう。

そしてQi関連での個人的ヒットが、トップ写真として掲載したQi対応ミキサー。これはUwayが販売するQi対応キットの供給電力の大きさを実証するモデルで、残念ながら現状で市販予定などはないようです。

バッテリーなどはなく、主電源はQiのみから供給されるので、充電台の上に置くと動作し、離すと停止するという、デモ用としてはおかしくも納得感の強い一品です。実用性という点はまるでありませんが、実物を見ると妙に欲しくなるオーラが出ていました。



そして、「これを真面目に作るメーカーがあったとは......」と驚いたのが、ViewPhone TechnologyのVPT S。いわゆる電子工作系のネタでは最近人気の、スマートフォンをヘッドマウントディスプレイにするヘッドバンドです。

サイドバイサイド方式の3D立体視に対応するため、中身はけっこうシビアに作られているのですが、それを微塵も感じさせない出オチ感が素敵です。



最後に、同じく出オチ感満載のアイテムとして、iseeUのWi-Fi ROCK Speakerを紹介しましょう。これは文字通り、Wi-Fi経由で音声を鳴らせる岩型のスピーカー。本来は博物館の展示など、周囲の雰囲気を壊したくない際に使う真面目な製品と思われますが、いい意味でやっぱりCOMPUTEXはこうでないと!! というおおらかな展示でした。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 3dPrinting, computex 2014, qi, smart glass
154シェア
0
94
0
60

Sponsored Contents