Sponsored Contents

nintendoの最新記事

Image credit:
Save

任天堂 Wii U本体更新、クイックスタート画面を追加。本体メニューを介さず直接ゲーム起動

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年6月3日, 午後05:02 in Nintendo
84シェア
0
84
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


任天堂が Wii U の本体更新を開始しました。更新後の最新バージョンは5.0.0J (日本版)。かねてから予告済みのクイックスタート画面が追加され、ゲームやアプリをすばやく起動できるようになりました。

また本体の電源OFF時に受信した更新データの自動インストール機能、Wii U GamePadに任天堂からの「おしらせ」が届く機能などにも対応します。



クイックスタートは「Wii U の普及が芳しくないけれど、できるだけ手を尽くして GamePadつきゲーム機としての独自価値を高めます」方針のもとに導入が予告されていた機能。

具体的には、Wii U GamePadから電源を入れた場合は従来のフル機能ホーム画面(Wii U メニュー)ではなく、最近使ったゲームやインストールが終了したソフトへのショートカットが並んだ簡易画面(クイックスタート画面)を表示します。

クイックスタート画面は Wii 本体ではなく GamePad側のプロセッサで処理するため、岩田社長も愛用するスマートデバイスのようにほぼ一瞬で表示されます。あまり使われていないテレビリモコン機能と同じ仕組みです。(Wii U本体の電源を抜いても、GamePad側にはクイックスタート画面が何ごともなく表示されます。起動を試みるとWii Uに接続できません表示)。

クイックスタート画面が表示されているあいだにも Wii U 本体側は起動(スリープ復帰)処理を続けており、クイックスタート画面のアイコンがタッチされた時点でゲームなりフル機能のWii U メニューなりが起動します。Wii U本体側のボタンや、Wiiリモコンなどで電源を入れた場合はクイックスタートではなく、従来どおりにWii U メニューが立ちあがります



Wii U は発売当初からWii U メニューの起動と復帰が遅いことでユーザーの不興を買っており、任天堂はわざわざ「メニュー復帰が速くなります比較画像」を公開してまで繰り返し改善に取り組んできました。昨年4月の更新では約23秒から約8秒に短縮など。従来の取り組みはホーム画面の最適化でしたが、今回の更新ではホーム画面の起動そのものをスキップできます。

一方、クイックスタート画面はあくまで簡易ショートカットのため、最近使ったりインストールしたソフトから選んで起動する機能しかありません。それ以外のゲームをブラウズしたり、本体設定をするにはWii U メニュー起動を選んで待つ必要があります。

そのほかの新機能としては、電源オフ(スリープ)時でも任天堂からの「おしらせ」が届くようになりました。「おしらせ」は任天堂からのキャンペーン情報や更新情報など。おしらせが届いた際は Wii U GamePadから着信音が鳴りホームボタンが点滅し、画面に自動表示で知らせます。この挙動は設定の電源OFF時の動作から選択的に無効化できます。





公式の変更点リスト
  • クイックスタート画面の追加

    • - Wii U GamePadで電源をONにしたときに、クイックスタート画面を表示するようにしました。
      クイックスタート画面から、最近遊んだソフトや新たにインストールが完了したソフトをすぐに選んではじめることができます。(※1)

  • Wii U GamePadでおしらせを受信する機能の追加

    • - 今後、任天堂からお届けするキャンペーン情報などのおしらせを、電源がOFFのときにWii U GamePadで受信することができるようにしました。
      おしらせが届くと着信音とともにWii U GamePadの画面に表示されます。また、届いたおしらせはクイックスタート画面で確認することもできます。(※2)

  • 電源OFF時の動作機能の改善

    • - 本体の更新がある場合に、更新データをダウンロードしたあとに自動でインストールまで行うようにしました。

  • 『Wii Uメニュー』の更新

    • - Wii Uメニュー左上の「ユーザーのMii」を選ぶと、ユーザー設定画面を表示するようにしました。

    • - ユーザー設定画面のデザイン・レイアウトを変更しました。
      ユーザーの交代はユーザー設定画面から行うことができます。

  • 『本体設定』の更新

    • - 「電源の設定」に「クイックスタート画面の設定」を追加しました。
      Wii U GamePadに届くおしらせについてもここで設定変更を行うことができます。

  • 『HOMEボタンメニュー』の更新

    • - 『おしらせリスト』のアイコンをHOMEボタンメニュー上に配置し、HOMEボタンメニューから『おしらせリスト』を起動できるようにしました。

  • システムの安定性や利便性の向上

    • - より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上しました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Nintendo
関連キーワード: nintendo, update, wii, wii u
84シェア
0
84
0

Sponsored Contents