Sponsored Contents

hueの最新記事

Image credit:
Save

Philips Friends of hue ライトリボン&ブルーム発表会。アプリ連携や調色を生活に活かす

Ayako Nakamura
2014年6月5日, 午後06:37 in Hue
62シェア
0
62
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

フィリップスが、スマートLED照明 Friends of hue「ライトリボン」と「ブルーム」の発表会を東京銀座で開催しました。発表会の様子と質疑内容をお伝えします。内容は Philips hueとの関係やhueのエコシステム、カラー照明で生活を楽しむ方法など。

Gallery: Philips Friends of hue記者発表 | 61 Photos

61

Gallery: Philips Hue LightStrips and Bloom hands-on | 12 Photos

12


冒頭ではhueシリーズについて、ライティング事業部 ゼネラルライティング マーケティングマネジメント久保 徳次氏が説明しました。

hueはアプリ開発APIの公開によるエコシステムの構築や、パーソナルワイヤレスライティング、快適な光の質の提供などを行う製品。インターネットを経由して操作できる「コネクティッドライティング」で、従来の照明ではできなかったことを可能にすると語ります。


hueを操作する準備とその仕組みは以下のとおり。

  1. hueランプを操作する「hueブリッジ」を、LANに有線接続。
  2. 専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットを同一LAN環境で起動(WiFi経由)。
  3. hueブリッジとベアリングを促すメッセージが表示されたら、hueブリッジ本体上部のボタンを押すと準備完了。
  4. 専用アプリで照明メニューを操作すると、信号は同一LAN内のhueブリッジに届く。hueブリッジと hueランプのあいだは家電用の無線規格 ZigBee Light Linkで接続しており、アプリ操作と連動して光が変化する。
スマートフォンとランプの直接接続ではなくLANを経由しているために、同一ネットワーク内の機器やインターネットの向こうのサービスと連携できます。


純正あるいはサードパーティーアプリと連動することで、細かい照明コントロールを実現。例えば、アラームと連動して目覚めやすい明るさで点灯させたり、タイマーと組み合わせて料理ができあがるタイミングで照明の色を白から赤に変えて通知するよう、自分で光をカスタマイズできます。

hueブリッジはLAN経由でインターネットに接続し、外出先からのhueランプコントロールやhueブリッジのファームウェアバージョンアップに対応。1つのhueブリッジで最大50個hueランプを接続できるだけではなく、hueランプ同士でhueブリッジからの通信を中継するため、hueブリッジから離れた場所にもhueランプを設置できます。



続いて、講演「カラー照明で生活を楽しむ」が中島龍興照明デザイン研究所 中島龍興氏より行われました。

以前からカラー照明(色光)はエンターティメント性が高いもので、非日常感を表現したり、セラピー効果を狙った空間や物を演出する手法として使われてきました。LEDが登場する前は1つの電球に1色しか着色できず、導入するには大掛かりな場所が必要で高価。個人での利用は難しいものでしたが、近年LEDの登場で状況が変わり、日常生活へ簡単に取り入れることができるようになりました。


人体の生体リズムと体温は光の明るさや色に左右されます。部屋全体ではなく一部の色を変えるだけで効果が期待でき、例えば同じ部屋で寝ている人と起きている人がいるシーンでは、寝ている人を刺激しないよう、まぶたを通りづらい緑色の光を使うと良いとのこと。



また一部の医療機関では患者の緊張やストレスを緩和する目的で、患者の好きな色光で手術室や検査室などを照らす試みが行われています。将来的にカラー照明の心理的な効果が科学的に実証されれば、医療分野での導入も進むのではと語りました。

hueはスタンダードな白色光照明に加えてカラー照明を手軽に扱えるため、光を使った健康効果を狙う部屋や雰囲気作りなど幅広い用途に活用可能。発表会で「次世代の照明」にチャレンジする意欲を感じました。

スマートLED照明Philips hueにハサミで切れる「ライトリボン」&間接照明「ブルーム」。6月5日発売

Philips Friends of hue ライトリボン&ブルーム使用感:設置場所や応用範囲が広がったスマートLED照明




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: hue, led, light, philips, phillips hue
62シェア
0
62
0

Sponsored Contents