Sponsored Contents

egfesの最新記事

Image credit:
Save

Engadget Fes :感情認識ロボ Pepper の開発者向け版を体験、モーション作成は簡単(動画追加) #egfes

Yutaka Katabami
2014年6月30日, 午後02:00 in Egfes
93シェア
0
48
0
45

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View


ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット「Pepper」がEngadget Fes 2014にやってきました。

Pepperくんは、発表翌日の6月6日からすでに表参道と銀座のソフトバンクショップで働いており、すでに見たり触れたりした人もいるかと思います。

今回のEngadget Fesでは、ショップモデルのPepper2体と、開発用のPepperくん2体の合計4体を出展していました。YouTube上でモモナエレクトロニキチ が人気の百名覚(ももな・さとる)さんが撮影した動画も追加しました。



まずは開発用Pepperについて、

あなたが創る未来の世界

イベント開始前のタッチ&トライ準備中のソフトバンクのスタッフ

タッチ&トライでは、限られた時間ということでABCの複数コースを用意。A:開発用ソフトウェア「コレグラフ」でボックスをドラッグ&ドロップ操作して簡単な動きとことばを喋らせせる体験コース、B:感情認識機能を使って人の感情に応じたことばをしゃべらせる体験コース、C:オリジナルのモーションを作成してPepperと一緒に記念撮影をするコースの3種類を用意していました。



「コレグラフ」でボックスをドラッグ&ドロップするだけの簡単ビジュアルプログラミング


Pepperで使用しているNAOqi(ナオキ)OS用の開発環境「コレグラフ」は、動作を定義したボックスをドラッグアンドドロップしてボックスとボックスを繋いでいくブロックダイヤグラムによるビジュアルなプログラミングが可能です。

あらかじめ動作を定義した標準動作のボックスライブラリーが用意されていますが、Python、C++などプログラミング言語で独自の動作を定義するカスタムボックスを作成・保存できます。


言語を選択して、話すことばを入力。


動作ファイルの送信


アプリケーションのインストール中


即座にPepperの動作に反映

Pepperが人の顔をみて感情認識して話しかける


感情認識は、顔の表情と声の2通りあります。


感情認識のサンプルアプリケーションを実行すると、「今から感情を認識しますよ。いきますよ。あれあれ、悲しそうな顔」とPepperが話しかけていました。


やや緊張気味のスタッフの表情は「悲しそう」と判定


Pepperのことばでリラックスできたのか笑顔のスタッフ。 Pepperには心を変える力があるのか?

また、音声での感情認識には、発話パターンを一定量取らなければいけないため、今回のタッチ&トライでは表情のみでした。

全身で20カ所の可動部、自由にモーションを作成


ソフトウェア上の3D操作または本体でポーズを取らせることでモーションを自由に作成できます。



頭部、両腕、ボディの合計20軸が稼働します。


左右の手を持ち上げてポーズを取らせるだけで、手を上げる動作自体は、自動的に補完してくれます。
また、手を頭の後ろに移動させる際など、頭部に手がぶつかることなく自動的によけて動作するなど、非常に簡単なモーション作成が可能です。


両手を上げるモーションのボックスを設定したら、すぐに動作確認ができます。

また、バランスを崩しそうな反り返るポーズをモーション設定しても、倒れないポジションで自動的に停止してバランスを保つ安全性を図っていました。



その他の安全性(セーフティー機能)は、関節可動部にソフトパーツを使用することで指などが挟まらないようにし、センサーで衝突を回避し、押された際などに自分でバランスを取って転倒防止するなどの対策を用意。さらに、ソフトウェアバージョンアップ時や潜在的なバグなどで異常を検知した際に、再起動するなどのフェイルセーフも用意しています。
 


その他、インターネット連携により最新のニュース、天気、株価などのコンテンツ、クラウド上の会話データベースとの連携による質問への応答、ソフトウェアの自動アップデートなども備えています。

ソフトバンクショップのクルーとして活躍中のPepper


ショップモデルのPepperは、ロボットショップクルーとして表参道と銀座のソフトバンクショップなどで働いていますが、2014年度末までには全国に配備する予定とのこと。


搭載している多数のセンサーからの情報により自律的に判断して行動します。


持ちネタを見せるPepper

初出勤から1週間程度は、安全性への配慮からスタッフが付き添っていましたが、現在はPepperのみで店内のゾーンで来客を待ち、接客しています。 ただし今後は、ロボットクルーのPepperと人のショップクルーが一緒に接客することも考えているようです。 発表会のあのトークを思い出すと、販売スタッフに向いたトーク力があり、Pepperに勧められた商品は買わなければいけないと感じる人も将来的には出てくるでしょう。

今後の展開について、デベロッパーだけでなくクリエイターなど幅広い層に期待


pepper tech festival 2014(9月20日にベルサール渋谷ガーデンにて開催)

最後に、Pepperが発売される2月までの今後の展開についても確認しました。

今までのロボットとは異なり、誰でも扱えるようになったことで、アプリストアを立ち上げるといろいろな人が協力してくれるのではないか?今までロボットに興味がなかったアート、音楽、ゲームなどのクリエイターの参加に期待しているとのことです。



Engadgetのオフィスがある3331 Arts Chiyodaにアルデバラン・アトリエ秋葉原 with SoftBankを2014夏オープンする予定で(表参道にもアルデバラン・アトリエをオープン予定)、誰でもがロボットクリエーターを目指せる場(クリエーティブスペース)を提供することで、裾野の広がりに期待していました。

Pepperに触れることができる常設のアトリエは、カスタムなボックスやアプリ開発の為に各種トレーニングやワークショップを開催することで、興味を持つクリエイターやデベロッパーも増えることが予想されます。

東京以外の各エリア・都道府県に開設できればベストですが、イベント・講習のネット配信や教材の配布などにも期待したいところです。

来場者によるタッチ&トライ、Fesならではのコラボ


モーション作成にチャレンジする来場者


3種類のコースから選択中の来場者


真剣な表情でボックスのドラッグ&ドロップ操作




ボックスの設定で言語と言葉を登録


RedBullを注入して気合を入れるPepper ※Pepperは飲めません


dysonでお掃除ポーズのPepper  ※Pepperは掃除できません


ロボット開発を未経験なスタッフでも使えているようでした。

以下、モモナエレクトロニキチ の百名さんが撮影した動画です。


関連キーワード: egfes, pepper
93シェア
0
48
0
45

Sponsored Contents