Sponsored Contents

hondaの最新記事

Image credit:
Save

ビジネスジェット HondaJet 量産1号機が初フライトを完了。さらに9機が最終組み立て段階に

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年7月1日, 午後06:55 in Honda
136シェア
0
136
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
本田技研工業の子会社ホンダエアクラフトカンパニー(HACI)が、量産型ビジネスジェット1号機による初飛行の成功を発表しました。今後は2015年に予定する顧客への引き渡しに向け、さらに9機の組み立てを進めます。
 

Gallery: Honda Jet | 24 Photos

24

 

 

6月27日、米ノースカロライナ州のピードモント・トライアッド国際空港を離陸した HondaJet N420 の処女飛行は、約84分で無事に完了しました。途中には、低速および高速度飛行から旋回性能の試験、翼のフラップ動作や電子制御機器、着陸装備などのチェックも実施。最高高度は1万5000フィート(約4700m)、最高速度は348ノット(644km/h)を記録しています。
 

 
HondaJet の特徴は主翼の上に配置したエンジン。ホンダはこの独創的な設計が空気抵抗の軽減、燃費性能の向上、客室スペース拡大と騒音の低減、さらに主翼上の空気を整流するなど数多くの効果を生むとしています。また、軽量高剛性化のため、ボディにはカーボン複合素材を使用します。

機体の全長は12.71m。全幅は12.15m。全高は4.03m。乗員はパイロット1〜2名、乗客数は5~6名。座席数は7~8席を備えます。エンジンは GE ホンダ製 HF120 型 x2。このエンジンはスペクトラム・エアロノーティカル社の Freedom S.40 にも搭載されます。

最大巡航速度は778km/h。最大有視界航行距離は2593km。最大計器飛行航行距離は2185km。最大運用高度は1万3106m。離陸に必要な距離は807m、着陸に必要な距離は694m。

カラーバリエーションはパールグリーン、シルバー、赤、黄、青の全5色。価格は450万ドル。
HondaJet を開発する本田技研工業の100%出資子会社 HACI は2006年に設置されていますが、HondaJet そのものの歴史は古く、最初の基礎研究は創業者の本田宗一郎氏が健在だった1986年にスタートしました。1993年には6人乗りで他社製エンジンを搭載する小型実験機 MH02 の初飛行に成功。この経験をもとにした量産試験機 HondaJet N420HA は10年の開発期間をかけて2003年に完成し、その初フライトの後には一般公開もされています。

2006年からは量産機の受注を開始しましたが、その後の開発の遅れにより、計画は遅延を繰り返します。当初デリバリー予定としたのは2010年末でしたが、のちに2012年に延期されました。その間に全6機の試作機製作を重ねて、ようやく量産が始まったのは2012年のことでした。

なお、発表においてホンダは、量産型1号機の初飛行成功に加えてあと9機が組み立て中であることも明かしています。そして、それらのデリバリー開始は2015年1~3月に予定の米国連邦航空局(FAA)認定取得後になるとのこと。また、すでにかなりの数のバックオーダーが入っているとも言われています。

ホンダのオートバイには、社名ロゴとともに翼のマークが描かれています。これは、「いつか大空へ羽ばたきたい」という本田宗一郎氏の願いを込めたもの。かつては中島飛行機の下請を務め、1962年には航空事業への参入も宣言していたホンダの憧れを表しているとのことです。
 




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: HondaJet
関連キーワード: honda, HondaJet, private jet
136シェア
0
136
0

Sponsored Contents