Sponsored Contents

EAccessの最新記事

Image credit:
Save

Y!mobile 8月1日開始、STREAM S、DIGNO T発表。Yahoo!でマイル貯まる。格安SIMとの違いはサポート

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年7月17日, 午後01:30 in Eaccess
154シェア
0
154
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View



ワイモバイルは現在、新サービス・新商品発表会を開催中。エリック・ガンCEOのプレゼンテーションが行われます。ワイモバイルと言えば、イー・アクセスとウィルコムの合併会社ですが、ヤフーが買収するとの発表が白紙になるなど、鳴り物が鳴る前に止んだような状況にあります。発表会の模様を速報でお伝えします。

 





ガンCEO登場。情報通信白書について言及し、国内のスマートフォンユーザーはまだ半数ほどであるとして「日本は世界よりも遅れている」とコメント。Y!mobileの名前からどう考えてもヤフーのYであると考えるのが妥当だと思いますが、ガンCEOは「Yにはいろいろな意味がある。Enjoyの後ろのY」などとヤフーだけじゃない点と強調しました。

端末


秋口までに発売予定のPHS4機種とPocket WiFiを紹介。新Pocket WiFiはソフトバンク版とハードウェアは同じです。



Gallery: Y!MOBILE PHS | 12 Photos

12




続いてスマートフォン2モデル発表。Huawei製のSTREAM S(Ascend P6)を8月、京セラ製のDIGNO T(Sprint向けモデル)を9月投入します。()内はベースモデル。



Gallery: Y! MOBILE STREAM S | 14 Photos

14





Gallery: Y!MOBILE DIGNO T | 9 Photos

9


料金


続いて料金について。まずはNTTドコモ、au、ソフトバンクの料金体系がわかりにくいと紹介。また料金が割高で「スマートフォンを使おうとするとどうしても6500円かかってしまいます。ソフトバンクのグループと言われるが、既存3社がグループで我々は違う」とガンCEOはアピールしました。



買収は白紙になりましたっが、もちろんヤフーとの連携もあります。ID連携のほか、パケットマイレージ構想を発表。ヤフーにアプリからログインすると、翌月使えるマイルがたまります。翌月しか使えないマイルとも言えるかもしれません。





質疑応答


Q:ヘビーユーザー向け?
A:ヘビーユーザーは自分でサービスを選べます。レイトマジョリティのユーザーはサービスを理解できず使い方をオススメしなくてはなりません。パケットマイレージやヤフー連携はそのためです。ヤフー連携は最初の1歩。ヤフーのメンバーと新サービスを出していきます。
Q:ヤフーの買収について。
A:ノーコメント。我々は当事者じゃないので(ソフトバンクとヤフーの間の取引のため)。資本参加が全てではなかった。提携でもできる。
Q:SIMフリーについて。イー・モバイル時代はNexus 5で投入していたが。
A:現状のイー・モバイルはSIMフリーです。これからSREAM SはSIMフリー。DIGNO Tはいろいろな関係でロックされています。基本的にはSIMフリーにしたいと思っています。
Q:今後Windows PhoneなどAndroid以外を出す予定はあるのか? ソフトバンクモバイルとの製品調達関係はどうなるのか?
A:現状はAndroid。
Q:料金プランは税込み?
A:2980円は税別。最初の勝負は料金。
Q:総務省でグループの見直しの話が出ている。ソフトバンクとの関係。4G戦略はどうなるのか。
A:グループ会社の話。4Gはいろいろな定義があるが、3.5GHz 帯はこれからだが,1.7GHz と700MHz、そしてなるべく速く1.7GHzの追加が欲しい。最初の勝負は料金だが、キャパシティが足りなくなると思う。
Q:レイトマジョリティを狙う方針。サポート面の計画はあるのか、より手厚いサポートはあるのか?
A:レイトマジョリティはサポート充実が必要です。イー・アクセス時代のようにPocket WiFi時代に設定含め難しかったので有料サポートを用意していました。これは周辺機器も含めてサポートするものです。イー・アクセスとウィルコムで1000店舗近くあるのでここでサポートしていきたい。
Q:格安SIMとの差別化。
A:多くはデータだが、VoiPもある。中身を見るといろいろな制限が入っている。我々は速度制限はありません。レイトマジョリティのユーザーが使う上で必要充分なものになっているのではないか。我々は端末や通信のサポートを出せます。SIMのみは難しい商品になってくると思う
Q:大手3社が結局同じようなプライシングになっているのをどう分析しているのか。
A:不思議なんですけど、コストが同じだからかもしれない。我々は大手の動きをみて、これから初めてのスマホユーザーになる人に対して非常に良い商品になると思う。3社はブランド力もあるので。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: EAccess, emobile, wilcom, willcom, Yahoo, ymobile
154シェア
0
154
0
0

Sponsored Contents