Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

音質重視の多機能BluetoothスピーカーSound Blaster Roar 発売、返金キャンペーン付き1万5800円

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年8月4日, 午前09:00 in Bluetooth
246シェア
0
88
0
158

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


クリエイティブメディアは、音質重視のポータブルBluetoothスピーカー「Sound Blaster Roar」を直販サイト限定で8月上旬に発売します。価格は1万5800円 (通常価格1万9800円)。9月4日まで「満足できなければ全額返金」キャンペーンも実施します。

Sound Blaster Roarは、クリエイティブが1月のCES 2014で発表したポータブルBluetoothスピーカー。音質重視をうたうモデルで、コンパクトかつハイパワーを売りとしています。また、ポータブルスピーカーとしてはやたらと多機能な点もポイントです。

Gallery: Sound Blaster Roar | 24 Photos

24

 

低中音域アンプと高音域アンプを採用し、正面に2つ、左右に1つずつ、上部に1つの合計5つのドライバーを備えます。試聴したところ、特に低音域が力強い印象です。パーティなどでより出力を高められるROARボタンを備えるほか、小音量時につぶれがちな低音を持ち上げて小さな音でも聞き取りやすくするTeraBass機能もあります。



Bluetooth 3.0に対応し、オーディオコーデックはaptXやAAC、SBCをサポート。NFC対応のスマートフォンでは端末をかざしてペアリングも可能。Bluetoothのペアリングには3つのモードがあり、マルチペアリング対応のBluetoothスピーカーの標準的なモードのほか、家族など少人数のあらかじめ登録した利用者同士で割り込みペアリングできるLS モード1や、不特定多数のユーザーのペアリングを許可するパーティ用のLS モード2などが利用できます。

USB端子を搭載しPC用スピーカーなどとして利用できるほか、AUX入力のアナログ接続にも対応。また microSDカードスロットも備え、単体でメモリカード内の楽曲も再生可能です。内蔵の6000mAhバッテリーからスマートフォンなど外部機器への給電にも対応します (5V/1A出力)。



ハンズフリー通話機能のほかにボイスレコーダー機能もあり、単体でかつての巨大なテレコ(テープレコーダー)のようにも利用できます。また、別売のMegaStereoケーブルを利用すれば、2台のSound Blaster Roarを左右に振り分けより力強い音でも楽しめます。

さらにダメ押しのように、大音量のアラーム音を鳴らすサイレン機能も搭載。パーティーでとりあえず注意を集めたいときなどに使えそうです。


連続再生時間は再生8時間。ただし、出力を強化するRoar機能を利用すると大幅に再生時間が減ります。大きさは約20.2 x 5.7 x 11.5cmで、重さは約1.1kg。

価格は当面特別価格で1万5800円、海外のAmazonなどでも150ドル程度でセール販売しています。Sound BlasterAxx AXX 200と同様に、返金キャンペーンも行う予定。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

246シェア
0
88
0
158

Sponsored Contents