Sponsored Contents

Fujifilmの最新記事

Image credit:
Save

富士フイルム、リモートで首振りできる小型カメラSWING CAMを参考展示。アドホック接続に対応

Shinichi Sekine, @sekine_s
2014年9月23日, 午前09:01 in Fujifilm
190シェア
0
81
0
109

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

21日まで開催のフォトキナ2014より。富士フイルムブースでは、新コンセプトの小型カメラ『SWING CAM』を展示していました。

SWING CAMはWifi経由でスマートフォンやタブレットと接続できる小型カメラ。静止画と動画の撮影が可能です。『自分たちのPVをつくろう』というコンセプトのもと、屋内と屋外の両方で使えるようハウジングを用意したほか、持ち運びや取り付けがしやすい手のひらサイズの小型設計としています。

Gallery: Fujifilm Swing Cam 新コンセプトの小型カメラ | 6 Photos

6

カメラ本体とリモートコンソール兼ビューワのアプリからなり、カメラは上下左右にスイング可能。アプリからはフェイストラッキングによる被写体の追従設定が可能なほか、手動でのカメラ視点操作、シャッター/録画、カメラのズームおよび視点移動のスピード調整が行えます。また、携帯端末とのアドホック接続にも対応します。連続撮影時間は約1時間。

専用アプリのプロトタイプ。静止画/動画モード切り替えやシャッター、視点操作、フェイストラッキングの有効/無効などを切り替えられます

イメージセンサーは1600万画素の1/2型CMOS。レンズは35mm判相当で19mmの固定焦点レンズ。SDカードスロットを備えるほか、底面には三脚穴もついています。

また、壁や天井など様々な場所に取り付けられるよう、磁石やクリップなどのアタッチメントを用意する予定です。


ブースで実際に動いていたワーキングプロトタイプ

防滴用のハウジング。標準付属とするかオプションで別売りとするかは未定です

参考展示につき、発売時期や価格は未定。展示会での反応が良ければ商品化する可能性もあり、できればSDKも配布したいとのことです。なお展示機およびアプリはいずれもプロトタイプのため、仕様が変更される可能性があります。

基本的には据え置きで使用しますが、ハウジングを使用すればアクションカメラとしても使えるとのことです。Webカメラに近い性質のカメラですが、配線が不要で小型なため、セッティングが容易な点がメリット。連続駆動時間がやや短めですが、この点さえ解決すれば、SDKの配布と併せて大化けする可能性があるでしょう。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Fujifilm, photokina 2014, swing cam
190シェア
0
81
0
109

Sponsored Contents