Sponsored Contents

FlexibleDisplayの最新記事

Image credit:
Save

au、サムスン「GALAXY Note Edge」「Gear S」10月下旬発売。曲面有機EL搭載、LTE-AdvancedのCA技術、WiMAX 2+対応

Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年9月24日, 午後01:15 in Flexibledisplay
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


KDDIと沖縄セルラーは、側面部に曲面有機ELディスプレイ「エッジスクリーン」を搭載したサムスン電子製Androidスマートフォン GALAXY Note Edge を10月下旬以降に発売します。

9月のUnpacked 2014 Episode 2で発表した2モデルが国内で登場。サムスンではGALAXY Note 4を世界十数カ国で展開予定で、このうち数カ国でGALAXY Note Edgeを併売展開する計画。今のところ日本国内はGALAXY Note Edgeのみ発売が決まった形で、もしかすると非常に珍しい国になるかもしれません。

Gallery: Galaxy Note Edge | 15 Photos

15

エッジスクリーン


最大の特長はエッジスクリーンを搭載したディスプレイ。約5.6インチの Super AMOLEDは、エッジスクリーンを加えたクアッドHD+(2560×1440+160ドット)となります。側面部のエッジスクリーンは、メインディスプレイから地続きの画面ながら、独自の情報表示が可能。

例えばステータス表示、シャッターボタン、音楽プレーヤーなどとして活用できるほか、auオリジナルコンテンツも表示可能。アプリショートカットなどとしても機能し、アプリを邪魔せず情報を出しておける点はこれまでのウィジェットなどとは異なります。

タッチ操作が可能で、タッチする際に面で触れているか、点で触れているかを判定し、面で触れていればそれは右手で端末を持っていると判断して反応せず、点で触れた時だけタッチ反応します。

CPU



Android 4.4、CPUは4コア 2.7インチ、32GB内蔵ストレージ、3GBメモリ。CPUは今回、モデムチップとアプリケーションチップを分けて、通信時の負荷に余裕を持たせた仕様。

従来の2画面分割マルチウィンドウ機能に加え、ポップアップウィンドウを最大5枚表示可能。さらにエッジスクリーン表示も併用できます。

カメラ、Sペン


カメラは16MPメインカメラ、3.7MPフロントカメラ。メインカメラはGALAXY S5と同じ。フロントカメラは自分撮り、セルフィを意識してメインカメラより明るいF1.9のレンズを採用。シャッターを切った際に画面がぶれないように音声シャッターや、背面カメラ下の心拍数センサーをタッチして離した際にシャッターが切れるなど工夫がみられます。

Noteシリーズですからペンを内蔵(Sペン)しており、セルフィ写真を盛る(デコレーションする)プリクラ的な使い方も想定しています。ただし、「盛る」ような女性がNote Edgeのユーザーかどうかは疑問が残るところですが。

ペンは2048段階の検知が可能になり、これはGALAXY Note 3の2倍の性能。ペンの筆圧感知だけでなく、傾きや回転も検知するため、たとえば毛筆や万年筆のような表現力が増しています。

ペンで囲んだ範囲をクリップボードに保存できる機能は従来からありましたが、保存した画像をアプリショートカットのようにして1カ所にまとめておけます。これにより、保存した画像を流用しやすくなります。また、保存した画像の中にテキスト情報を分析し、テキストとして貼り付けたり、電話番号として認識したり、住所からGoogle Mapを呼び出すといった展開が可能です。

Gallery: Samsung Galaxy Note Edge hands-on | 37 Photos

37

通信


通信は最大150MbpsのLTE、WiMAX 2+、IEEE 802.11a/b/g/n/acをサポート。LTE-Advancedのキャリアアグリゲーション(CA技術)も利用可能。国内版はNFCのほかおサイフケータイ(FeliCa)、フルセグ/ワンセグ(外付けアンテナが必要)に対応します。赤外線通信は非対応。

その他


従来の2マイク構成から3マイク搭載となり、ノイズキャンセル機能が向上したほか、ボイスレコーダー機能は8方向の音を認識します。

心拍センサーには今回から紫外線センサーも搭載。音楽関連ではハイレゾ音源に対応し、非ハイレゾ音源を補正するビクターの技術も採用しました。

3000mhAバッテリーを搭載し、通話時間は約1300分間、待受はLTEで約440時間。大きさは約82 x 151 x 8.4mm、重さは約177g。

Gear S



このほか、リストバンド型の情報デバイス Gear S なども販売します。Gear SはGALAXY シリーズと連携するTizen OSのスマートウォッチ。SIMカードが挿入可能なバージョンとBluetoothのみ対応したバージョンがあり、auはBluetoothのみ対応のコンパニオンデバイスとなります。

Gallery: Gear S | 12 Photos

12

Gallery: Samsung Gear S Hands on | 9 Photos

9



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: KDDI
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents