Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

ドコモ GALAXY S5 Active インプレ:防水防塵に耐衝撃・耐塩水のタフ仕様、手にした感じは普通のスマホ

Takahiro Koguchi, @TKoguchi787
2014年9月30日, 午後09:40 in Docomo
58シェア
0
3
0
55

連載

注目記事



NTTドコモ 2014~2015年冬春モデル発表会場から。サムスンのタフネス スマートフォン GALAXY S5 Active SC-02G の実機に触れた印象をお伝えします。

GALAXY S5 Activeは防水防塵に加え、耐衝撃や防湿、耐塩水性能も備えるタフ仕様スマートフォン。高い耐久性を持ちながら、GALAXY S5と同等のハイスペックを実現しています。

Gallery: ドコモ Galaxy S5 Active | 15 Photos

15

 

主な仕様は、5.1インチ 1920 x 1080 有機ELディスプレイ、Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB内蔵ストレージ、microSDスロット(128GBまで)。背面1600万画素カメラ、前面210万画素カメラ、4K動画撮影、2800mAhバッテリーなど。出荷時OSは Android 4.4 KitKat。本体サイズは145 x 74 x 9.2mm。質量171g。



GALAXY S5は防水防塵でしたが、GALAXY S5 Activeは、米国国防総省が定める軍事調達規格 MIL-STD-810G準拠、いわゆるMIL-SPECを謳っています。具体的にはMIL-STD-810Gのうち、防水・防塵・耐衝撃・耐振動・耐日射・防湿・低圧対応・温度耐久・耐氷結・塩水耐久に関わる18項目に準拠した試験を実施し、耐久性を確認したということです。

なお塩水耐久 とありますが、担当者によれば、サーフィンなど、海などでのマリンスポーツでの耐久性を保証するものではないとのこと。各項目の耐久性は、あくまでMIL規格に準拠する形で民間が独自に行なった 環境試験下における耐久性であり、米国国防総省がその耐久性を保証するものではないことに留意する必要があります。



カラーバリエーションは、迷彩を施したカモグリーンと、チタニウムグレーの2色。



衝撃吸収用のバンパー がエッジを覆っており、いかにもタフネス感 のある外観です。迷彩柄などは特に軍事マニアの方々にとってはたまらないことでしょう。カジュアルなミリタリーファッションでも迷彩柄はよく使われており、案外女性にも受けるデザインかもしれません。

背面カバーは取り外し可能。電池はユーザー交換可能となっており、予備の電池を持参しての電池の入れ替えも容易です。

GALAXY S5 と同様に、背面のカメラの下に赤外線方式の「心拍数センサ」を備え、心拍数 を測定できます。GALAXY S5 Active と共に 過酷な環境下で行動をする場合、心拍数の把握は案外役立つのかもしれません。



手に持ってみました。タフネス感が強い外観とは裏腹に、手に持った感じは普通のスマートフォンと変わりません。厚さ9.2mm、幅73.4mmと、一般的なスマートフォンと比べて特段サイズが大きいわけではないので、日常生活でも違和感なく使える印象です。

筐体は若干ザラザラとしたマットな質感で、手でしっかりと保持できます。

本体スペックは、プロセッサやカメラを含め、ドコモ夏モデルのフラグシップ GALAXY S5 とほぼ同等。ただしストレージ容量はGALAXY S5が32GBに対して、Activeは16GB。内蔵4K映像を撮影できるほか、他のフラグシップスマートフォンと同じようにサクサク動作。下り最大150MbpsのLTE通信、ハイレゾ再生、高音質通話のVoLTEにも発売当初から対応します。

日本向け仕様としては、ワンセグ、おサイフケータイ(NFC/Felica)に対応。フルセグやNOTTVには非対応となっています。



GALAXY S5と並べてみたのが上記画像。ディスプレイは同じ5.1インチ。

サイズ感に関しては、GALAXY S5 Active は 外周を耐衝撃用バンパーが覆っているぶん、Galaxy S5 に比べて若干大きくなっています。厚みに関しても同様です。

GALAXY S5 からの更なる変化としては、ナビゲーションキーが静電式から物理式に変更され、手袋での操作性が強化。サイドには物理式の「アクティブボタン」を新たに搭載。1度押しで磁気コンパスを、長押しでカメラを起動可能。なお割り当て機能は自由に変更できます。

GALAXY S5 Active の上に、GALAXY S5 を重ねてみたのが下記写真です。



タフネス端末といえば京セラのイメージも強いなか、サムスンが開発したということに意外性も感じる本端末。カメラやプロセッサ性能も非常に高く、本格的な耐久性能を有する一方で、日常生活でも違和感なく使える「日常生活も耐える」タフネス端末とも言えそうです。

ドコモ GALAXY S5 Active SC-02G は、10月4日発売予定です。

58シェア
0
3
0
55

Sponsored Contents