Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

PS4 v2.00『マサムネ』は10月28日配信。シェアプレイ対応、配信機能を大幅強化

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年10月24日, 午後01:25 in Masamune
55シェア
0
0
0
55

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


ソニーはプレイステーション4 システムソフトウェア v2.00『Masamune』へのアップデートを10月28日より配信します。『マサムネ』はv2.00のコードネーム。Android 5.0 ロリポップのようなものです。

マサムネではネット越しにゲームの映像とコントローラ操作を渡して同じ部屋にいるかのように遊べる『シェアプレイ』や、YouTubeへのゲームクリップ公開、リアルタイムゲーム配信機能(ブロードキャスト)の強化など、SHARE機能まわりが大きく拡充されます。


Gallery: プレイステーション4 システムソフトウェア v2.00アップデート | 32 Photos

32

v2.00の目玉機能シェアプレイは、自分のPS4で動くゲームの映像をリアルタイムに配信しつつ、ネットの向こうにいるフレンドからコントローラ操作を受け付けて同じ部屋にいるかのように遊べる機能。

ゲームはホスト側のPS4で動くため、ビジター参加する側は同じゲームを持っている必要はありません。要はネット経由でゲームを遊ぶリモートプレイにホストとビジターで参加するイメージ。



このためゲーム側がオンラインマルチプレイに対応している必要もなく、一人用のゲームをコントローラを回しながら遊んだり、ローカルマルチをネット越しに遊ぶこともできます。

(ビジターにプレイさせるにはホスト側がPlayStation Plusに加入している必要があり、一緒に遊ぶには双方が加入している必要があります)。


またUSBミュージックプレイヤーの追加も地味にうれしい点。USBメモリなどのルートにMUSICというフォルダを作り、MP3またはAACの楽曲を保存しておけば認識されます。ゲームをしながらのバックグラウンド再生にも対応。Xbox One が旧世代の売りだったカスタムサウンドトラック機能を失い、対応形式の異様に多いメディアプレーヤは実装されたものの裏面再生はできずにいるうちにPS4ではできるようになりました。


v2.00 Masamuneの主なアップデート点は:

YouTube:ゲームクリップをYouTubeにアップロードして共有。PSN IDとYouTube(Google)アカウントのヒモ付けが必要。またPS4からYouTubeにアップされた動画をフレンドのアクティビティやWhat's Newから再生。

テーマ:PS3やPS Vitaのように、ホーム画面をカスタマイズするテーマ対応。

USBミュージックプレイヤー:USBストレージに記録したMP3またはAAC音楽を再生。("Music"フォルダ内に保存したファイルが対象)。ゲームをしながら音楽再生にも対応。

ブロードキャストの強化:配信画面下に配信者からの簡易メッセージを表示。パーティーの声も配信。ニコ生配信でコメントの番号表示。ブロードキャスト中にもPS4を音声操作できるように。

Live from PlayStationの強化:SCE公式番組やお気に入り配信者の配信が含まれる「おすすめ」カテゴリー追加。配信者のフォロー機能。ミニプレーヤーで配信を見つつ次の番組をブラウズ。アーカイブ視聴。Twitch絵文字対応。番組の言語別フィルタリング。

ホーム画面UIの変更:コンテンツエリアにコンテンツが多数並んだ場合、What's Newを除いて16個目以降はライブラリー内に移動。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: masamune, PlayStation, ps4, SONY
55シェア
0
0
0
55

Sponsored Contents