Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

au isai VL実機インプレ。マイナーチェンジながらRAM増加とVoLTE対応で完成度は着実に向上

Shingi Hashimoto
2014年10月27日, 午後10:00 in Au
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


本日開催されたau 発表会 2014 Winterの中で、新端末の主力モデル的な位置づけとなったのが、12月初旬発売予定のLGエレクトロニクス製isai VLことLGV31です。

前モデルにあたるisai FLが7月に発売したばかりということもあり、基本スペックはRAMが3GBへと増加した点(FLは2GBでした)、そしてVoLTEへの対応を除いて基本的に共通。本体色の違いを除けばデザインなどもほとんど変わりないという、FLのマイナーバージョンアップ的な位置づけではありますが、auのみならず日本でのスマートフォン全体を通しても、いまだに基本仕様が強力なことから戦闘力の高いモデルです。

Gallery: au LG isai VL ハンズオン | 22 Photos

22



これはそもそもisai FLの時点で、スマートフォン全体を見ても数少ないWQHD解像度ディスプレイをはじめ、現在でも基本仕様や性能が(SoCとなるSnapdragonシリーズの世代交代が進んでいないこともあり)第一線級に位置しているため。

実際に触れてみても「しっかりとしたモデルをベースにした2代目」感があふれる、いい意味でのマイナーチェンジモデルという印象です。



実機でまず感じるのは、やはりWQHD(2560×1440ドット)表示に対応した、AH-IPS液晶ディスプレイの優秀さ。説明員のコメントでは「液晶パネル自体の仕様はまったく変わっていない」とのことですが、500dpiオーバーという画素密度は現時点でも立派。当然ですが、並のカメラの接写ではディスプレイ側の画素を捉えることはできません。

プリインストールアプリでの基本動作に関してもスムーズで、会場でChromeで20タブほどを開いたあとに、いくつかのアプリを実行した状態でも速度低下などは感じられませんでした。このあたりはRAMの増量も効果的に効いていそうです。





また本体デザインも、額縁周辺の細さや滑らかに湾曲したサイドのボディラインなどをはじめ、FL譲りです。唯一外観でFLとの大きな違いとなるであろうカラーバリエーションは、明るい青系の『アクア』、『ブラック』、そして『ピンク』の3種類。



とくにピンクはかなり落ち着いた系統で、発表会場の照明の下では、同じ会場に展示されていたXpeira Z3のカッパーにも似た印象なのが面白いところ。背面加工はアクアとピンクがラメ入り光沢、ブラックがマット仕上げです。



カメラに関しても、4K動画撮影対応や、静止画と動画の解像度設定を同一画面で変更できる便利な仕様などはしっかりと引き継がれています。

なお、この機会に4K動画の連続録画時間に関して説明員に尋ねてみましたが「ソフトウェア的な時間制限は掛けていない。ただし、もし連続録画時にCPUが熱くなった場合などは、安全のために警告が出て停止する仕様になっている」とのコメントでした。

また、RAM増量と並んで大きな改良点となるのはau VoLTE関連への対応です。この点で気になるのはVoLTE通話時の音質でしょう。

というのも、VoLTEは仕様上でこそ通話音質が大きく向上していますが、スピーカーやマイク、オーディオ処理回路がその音質を活かせるかどうかで実際の通話音質が左右されるためです(ただし、さすがに現状では大きな差にはなりませんが)。

結論ですが、本機はこのあたりもそつなく対応しているものと感じました。LGエレクトロニクスはもともと、初代isaiから本体のみでの(外付けUSB DACを使わない)ハイレゾ音源の再生にいち早く対応しており、Engadget部活動「ハイレゾ部」でも、ハイレゾ音源が聞けるスマートフォンとして試聴に使われました(詳しくは下記記事を参照ください)。

このように意外と、と言ったら失礼ですが、スマートフォンではオーディオ関連に強いところがあるメーカー。今回もそうしたノウハウが活かされているものと思われます。

ハイレゾ部活動報告:「試聴のおすすめはワールドミュージック」小寺信良さん




こうしたように、isai VLは基本設計こそFLのマイナーチェンジではありますが、ヘビーユーザーにとって価値の高いRAMの増加をはじめ、細かなところに手を入れており、完成度は順当に高まった印象です。



基本仕様を変えなくとも約半年という時間の経過に対応できるという、FL時点での設計余裕度がここで活きているとも言えそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: KDDI
関連キーワード: au, au2014winter, isai, isai VL, kddi, lg, volte
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents