Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

速報:LGエレクトロニクス、34型曲面ウルトラワイドと31型4096×2160液晶ディスプレイを発表

Shingi Hashimoto
2014年10月30日, 午後02:48 in 31Mu97-B
40シェア
0
0
0
40

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View


LGエレクトロニクスが、34インチの曲面型液晶ディスプレイ『34UC97-S』、および31インチのDigital Cinema 4K解像度に対応した液晶ディスプレイ『31MU97-B』を発表しました。発売日は34UC97-Sが10月30日、つまり本日から。31MU97-Bが11月中旬。予想実売価格は両モデルとも13万2000円前後。

34UC97-Sの解像度は3440×1440ドット。LGが積極的に推している、縦横比(アスペクト比)21:9のウルトラワイド仕様。一方の31MU97-Bの解像度は4096×2160ドットと、横幅が一般的な4Kの3840ドットよりも広い仕様です。

Gallery: LGエレクトロニクス 液晶ディスプレイ2モデル | 62 Photos

62



34UC97-Sは8月に、世界初の曲面21:9ウルトラワイド液晶モニタとして公開されていた製品(下記記事を参照ください)。今回日本での正式発表、および発売が決定した形です。

LG、世界初の34インチ曲面ウルトラワイドIPSモニタ 34UC97を公開。3440 x 1440画素



最大の特徴である曲面パネルですが、基本的な狙いはゲームや映画などを見る際の没入感を高めるため、とのこと。解説では、「かつて経験したことのない臨場感」「映像が自分の周りを包み込みます」とのアピールがありました。



また面白い点として、ユーザーの目への負担が軽い点をアピールします。これは既発売の34インチウルトラワイドディスプレイのユーザーから寄せられていた「0.5mほどの近距離で見ていると、端を見るときにピント合わせの負担が若干あった」という声に答えたもの、というコメントでした。



その他の基本的な仕様は、既発売の34インチ21:9液晶の34UM95-Pをほぼ引き継ぎます。同モデルで特徴的だった2系統のThunderbolt 2入力端子やジョイスティックによる設定操作など、評価の高かった機能もそのまま。



なお、スタンドはピボット(縦横回転)対応タイプではありません。これは曲面が関係しているのかと思い質問してみましたが、担当者からは「34UM95-Pの時点でピボット対応ではなかったので、それを継承した」とのことです。



パネルはLGの高級製品だけあり、IPS駆動。色域に関してはsRGB比99%、視野角に関しても水平、垂直方向ともに178度と優秀です。

(ただし水平の視野角に関しては、パネルが曲面であることから、もしパネル中央から178度だとすると、上の写真のように端が確認できなさそうに思えます。このあたりの測定条件が変わっているのかもしれません)

そこで、実際にデモ機で視野角検証の動画を撮影してみました。周囲の光源の反射が激しいために端近くがわかりにくいものの、色度変移(角度による色の変化)などは少ないことが確認できると思います。




入力端子は先述したThunderbolt 2×2系統に加え、DisplayPort(Ver.1.2)×1基、HDMI Ver.1.4×2基を備えます。





もう一方となる31MU97-Bの最大の特徴は、なんといっても解像度。先述したように、一般的な4Kより横の画素数が多い(縦は同じ)、4096×2160ドットです。これは映画撮影機材などでのスタンダードとなっている、DCI(Digital Cinema Initiatives)規格に準拠した仕様。一般的な(テレビ放送ベースの)4Kと区別すべく、Digital Cinema 4Kと称します。



このため液晶パネルなどの仕様も、映画レベルの映像制作に耐えるもの。視野角は上下・左右方向とも178度で、駆動方式はIPS。色域はsRGBより条件の厳しいAdobe RGB比で99.5%をカバーし、DCI規格の色空間標準仕様『DCI-P3』比でも97%をカバーします。



そしてユニークな機能として、同一画面上で左右の色域モードを分けて画面を出力できる『デュアルカラースペース』を搭載。たとえばsRGBとAdobe RGBの色の違いなどを一目で確認できるため、デザイナーや映像製作者にとっては便利な機能です。加えてセンサーは別売りですが、ハードウェア色較正(キャリブレーション)にも対応します。



また4Kディスプレイで感じやすい低解像度ソースのあらを軽減する超解像画素補完技術Super+Resolutionも搭載。そしてこうしたプロ用を意識したディスプレイとしては珍しく、オーディオ関連機能も充実。スピーカーの出力は5W+5Wと高く、音質補正機能としてWaves社のMaxxAudioも搭載します。



基本設定はジョイスティック操作で、OSD表示も画面右側を広く使う見やすい表示。このあたりは34UC97-Sや、同社のウルトラワイドディスプレイの共通仕様を継承します。またこちらのスタンドはピボット機能にも対応。縦長画面表示も可能です。





映像入力端子はDisplayPort Ver.1.2をフル端子とミニ端子でそれぞれ1基、HDMI Ver.1.4を2基搭載。デモ機ではDisplayPort接続で、リフレッシュレートは60Hzでした。なお、Thunderbolt端子は搭載されていません。その理由を尋ねたところ、「設計の優先順位の問題。映像制作者が使うであろうDigitalCinema 4K対応製品ということで、色の精度や細かな作り込みを重視した」とのコメントがありました。



今回の発表は、少なくとも日本のコンシューマー向け製品では初となる、曲面ウルトラワイド液晶とDigitalCinema 4K対応製品という、両モデルとも強い売りを備えた製品。両機種とも昨今のディスプレイとしてはかなり高価な製品ではありますが、実物の完成度はかなりのものです。



とくに34UC97-Sは、しばらく使ってから通常の(平らな)製品を見ると、「あ、確かに曲がっていたんだ」と思うほどの違和感のなさが印象的。発表当初は、ともすれば技術先行、悪く言えば色物的なイメージがあった曲面ディスプレイですが、実物はいい意味で地味。

曲面と聞いてイメージする印象からは肩すかしを受ける人も多そうですが、裏を返せば、それだけ違和感がなく、使っていてしっくり来る印象です。


昨今のLGエレクトロニクスは、強力な液晶パネルメーカーとしてだけではなくディスプレイメーカーとしても存在感を高めつつありますが、そうした姿勢をさらに強めるかのようなラインナップです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
40シェア
0
0
0
40

Sponsored Contents